記事

まあ、枝野さんもポエム派国会議員なんでしょうね

やはり大きな塊を作るだけの器量はなかったようである。

立憲民主党が国民民主党を丸ごと吸収することが出来ると考えていたとしたら、枝野さんのレーダーは相当狂っている。
多分、社会民主党も立憲民主党に吸収合併することには異議を述べるはずである。

立憲民主党が出来るのは、精々が行き場を失った無所属の野党議員にしばしの止まり木を提供する程度で、とても国民民主党を呑み込むことは出来ない。

立憲民主党の言うことはみんな聞くはずだ、などと思っていたら、枝野氏は某環境大臣よりもポエム派政治家だということになる。

立憲民主党が自民党から政権を奪取出来るなどと本気で考えているとしたら、枝野さんのレーダーは相当狂っているとしか思えない。

国民民主党の玉木さんがどう応えるか見ものである。

玉木さんは人がいいから面と向かって枝野さんを腐すようなことはしないだろうが、立憲民主党と国民民主党の合流話はここで潰え去ったと言っていいだろう。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。