記事

幼児化した世界という表現に納得

最近の世界や日本をみていて、右傾化している、という表現は、しっくりきていませんでした。日本の安倍政権を見ても、保守本流の懐の深さなどは、ありませんし。

今朝の番組「サンデーモーニング」で、現在の世界の状況について、法政大学総長の田中優子さんが、「幼児化」している、と表現していたので、その通りと思いました。

小さい子どもは、周りへの配慮なしに自己主張しますが、そのように、世界のリーダーなどがなっている、ということです。

自国第一主義で、自分のための主張ばかりして、他の国との協調や融合の努力はしない。米国のトランプ大統領をみても、そうだと思います。

それでは、どうしていけばよいのか。昨年、緒方貞子さんが亡くなった時に、ブログに「人間の安全保障」をアマルシア・センさんと共同議長として推進されたことを書きました。

それを見て、共同通信の論説委員の方が、軽井沢まで取材にこられ、記事が昨年の11~12月にかけて各地の新聞に載りました。

「人間の安全保障」は、国の安全保障ではなく、ひとりひとりが生存・生活・尊厳に対する脅威から国境を越えて守られる、ということです。

日本は、そのための基金を国連に作ったり、率先して進めようとしていたのですが、このところあまり耳にしなくなりました。

この考え方は、MGDs(ミレニアム開発目標)に続き、現在は、SDGs(持続可能な開発目標)に引き継がれている、といわれています。

SDGsは、貧困と飢餓の撲滅、初等教育の完全普及、ジェンダー平等推進と女性の地位向上、乳児死亡率の削減、妊産婦の健康の改善、環境の持続可能性確保など17の目標が掲げられ、2015年のの国連サミットで採択されました。2030年までに達成する国際目標になっています。

自分だけ、自分の党だけ、自分の国だけ、よければよい、という考え方ではなく、隣の人、隣の国、世界の人々を思いやる、大人の関係が、今年は作られることを、日本が率先して取り組むことを願い、私もできることをしていきたいという思いを新にしています。

あわせて読みたい

「SDGs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  4. 4

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  5. 5

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  6. 6

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  7. 7

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  8. 8

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。