記事

アメリカが当事者だと途端に調停・仲裁機能を失ってしまう国連をどう改革するか

イランが何らかの報復措置に出ることは、どうやら回避出来ないようだ。

アメリカのトランプ大統領は、そういう事態になることを危惧して52か所に及ぶイランの施設を攻撃する旨警告しているが、今の状況ではアメリカの警告が功を奏しそうにない。

国際社会にこうした事態に適切に対処し得る国際的調停・仲裁機関があればいいのだが、国連は、安全保障理事会が動かない限り殆ど何も出来ない。

ロシアや中国、EUがどう動くか注視しているが、どうもお手上げのようにしか見えない。

結局は、目下のところ当事国の理性的判断に頼るしかないのだが、どうにももどかしい。

今の状態は、私たちが如何に愚かな存在かを、私たちに突き付けているようなものである。
とりあえずは、行き着くところまで行くしかないのかも知れない。

日本の出番は、ずっと先になりそうである。
しかし、出番が回ってきた時にどう対処したらいいかを今の内に検討しておいた方がいいだろう。

対処策の一つには、国連の調停・仲裁機能をどうやって実効性のあるものにするか、ということも入ってくるはずである。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  9. 9

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。