記事

虚無感。

1/2

「朝まで生テレビ」に出演させていただいた。1月1日、実に5時間を超える生放送。普段、政治を話すと煙たがられるから、私にとって討論番組は、数少ない「居場所」だ。政治について熱く語り、自分の意見を言うことを良しとされ、それが仕事として成立するなんて、ありがたいですよね。「生意気」「意識高い系」「面倒臭いやつ」が唯一輝く瞬間。趣味が仕事になるってこういうことなんですね。そして、日常生活が、いかに窮屈なのかと思う。しかし、結果……。語り足りなかった。もっともっと語りたかった。


 https://www.youtube.com/watch?v=vbVvi0zND9w&t=255s

 語り足りなかったことを喋りました。番組を見逃してしまった方も、ぜひご覧下さい。普段は、ニュースを解説する、選挙に行こうという授業を学校でしているので、自分の政治的意見は一切、言わないようにしております。ですが、今回は自分がどう考えているか、踏み込んで発言しました。こういうことをすると、必ず「こんな思想がある人に授業をさせていいのか」という批判がきますが、学校現場では政治的な意見を一切言っていません。その点はご了承下さい。
 皇位継承、表現の自由(あいちトリエンナーレ)、桜を見る会、日中戦争、シルバー民主主義などについて話しました。


 朝生に久しぶりに出た感想としては…。行き場のない議論に、とてつもない「虚無感」をおぼえました。もちろん、うまく入り込めなかった自分がいけないのですが、今後自分のスキルや知識が磨きかかって、どんどん入れるようになったとしても、日本が少しよくなる手応えとかあるのかなぁと漠然と考えてしまいました。「テレビ」が世の中の全部を解決できる訳では、もちろんありません。でも、先日の私の姿を見て、同世代の若い子が当事者意識を持てるのか、疑問に持ちました。もちろん、タブーとされがちな問題を正面から向き合う番組は重要です。この番組に求めすぎなのかもしれません。でも、建設的な議論や結論を出したり、若い子に届くフックを作らないといけないと感じました。そして、それは、今のテレビじゃ、どこにおいても、もう限界じゃないのかなと思ってしまったりもしました。まず、若い子はテレビをあまり見ていないというスタート地点から立つので、民放の場合はスポンサーを意識すると難しいですもんね…。


 朝生は、お正月に本当にすごいなと思います。番組やスタッフさんへの敬意はめちゃくちゃあります。しかし、自分のやりたいことはテレビでやるのは相当な時間がかかる。じゃあ YouTubeなどで、どんどんトライ&エラーでやっていくべきなのかもしれないと強く思いました。

 また、政治を語ることの難しさも感じました。昔、事務所から無理やり政治キャラにさせられた疑惑のあるタレントさんが、政治的発言で炎上してしまい、そこから発言がかなりマイルドになり、悩んでいらっしゃると風の噂で聞いたことがあります。

あわせて読みたい

「朝まで生テレビ!」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  8. 8

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  9. 9

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  10. 10

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。