記事

ギリギリの賭けだった攻撃作戦、イラン、ソレイマニ司令官の抹殺の内幕 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

2/2

ブレなかったトランプ

今回の作戦を通してトランプ大統領にブレはなかった。昨年6月、ペルシャ湾で米無人機がイランに撃墜された際、大統領はイランのミサイル基地などの攻撃を命じ、米軍機が攻撃態勢に入った。しかし、大統領は攻撃の10分前に突然中止命令を出し、国内や親米アラブ諸国から批判を浴びた。

また、トランプ大統領は昨年9月、サウジアラビアの石油施設が何者かの攻撃を受けた時にも、イランの犯行であることを主張しながら報復には出ず、サウジ側の不信を招いた。米当局者は、大統領がイラン攻撃を中止した決断に批判があったことを気にかけており、ソレイマニ司令官の抹殺作戦にブレがなかったのはこれも大きな要因ではないか、と指摘している。

トランプ大統領は1月3日「マール・ア・ラーゴ」で記者団に対し、ソレイマニ司令官の抹殺について言及。今回の作戦が「戦争を防ぐためであり、始めるためではない」と述べ、米国への攻撃を事前に摘み取るための自衛措置だったことを強調した。

大統領は一方で、司令官が過去20年間、中東全域でテロを実施してきたことを指摘し、「米国人に危害を企てるテロリストは見つけ出して殺害する」「もし米国人が恫喝された場合、イランの標的をすでに特定している」などとイランの報復行動をけん制した。

米メディアによると、米国はイランの報復に備えるため、中東に新たに3000人~4000人を増派する計画で、陸軍特殊部隊「レンジャー」の一団がすでに米国を離れた。ミリー米統合参謀本部議長は「ボールはイラン側にある」と述べ、いかなるイランの行動にも即応する姿勢を示した。

イラクは米軍撤退を要求か

出方が注目されるイランは3日、最高指導者ハメネイ師の出席の下で最高安全保障委員会を開催し、対応を協議した。会議後の声明は「犯罪者には厳しい報復が待っている。適切な時期と場所で実行される」とし、「米国最大の戦略的な過ち」と非難した。しかし、具体的な対応については触れなかった。

各地でも反米機運が高まっている。レバノンのシーア派武装組織ヒズボラの指導者ナスララ師はイラクのシーア派教徒に対し、ソレイマニ司令官の死を無駄にせず、立ち上がるよう求めた。イランの支援を受けているとされるイエメンのフーシ派も米国を強く非難した。在イラク米大使館は米市民に対し、早急にイラクから国外退去するよう勧告を出した。

だが、米国にとって具体的な反応はイラク議会からもたらされそうだ。イラク議会は4日緊急招集され、ソレイマニ司令官の抹殺問題を協議する見通し。アブドルマハディ首相はソレイマニ司令官と一緒に、イラク人が殺害されたことを「深刻な国家の主権侵害」と非難している。

現地からの報道などによると、イラク議会は米軍の撤退を要求する構えで、トランプ政権は重大な決断を迫られることになるだろう。中東からの米軍撤退を掲げるトランプ大統領にとっては“渡りに船”のような面があるが、長期的に見れば、約5200人のイラク駐留軍が撤退することは米国益にとって大きな損失になるのは間違いない。

トランプ大統領は、いったんはシリア駐留軍の撤退を公表したが、現在はシリアの石油を過激派組織「イスラム国」(IS)に入手させないようにするためとして、約700人を残留させている。シリア駐留軍が小規模の部隊で済んでいるのは、有事の際にはイラクからシリアに駆け付けることができるという選択肢があるからだ。

イラク駐留軍はテロとの戦いだけではなく、イランのイラクに対する影響力を阻止するためにも必要だろう。駐留軍が消えれば、イランは今以上にイラクで自由に振る舞うかもしれない。ソレイマニ司令官の抹殺は米中東政策の根幹を大きく揺るがせている。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  5. 5

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  6. 6

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。