記事

「忘年会スルー」にメディアが飛びついた間抜けな構図

「新年会スルー」をスルー

 ちかごろ「○○スルー」が流行している。SNSで話題だとテレビの情報番組が盛んに取り上げた「忘年会スルー」がもっとも耳にしているバリエーションではないだろうか。そもそも、何かを回避することを「スルー」とネットで呼び始めたのは何が始まりなのか、これからも使われるのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、「○○スルー」が溢れる近い未来を予測する。

 * * *
 なんでもかんでも「スルー」と呼ぶことが新しいことだといちいち取り上げられるようになった。2019年末にメディアで多く取沙汰されたのが「忘年会スルー」と「年賀状スルー」である。

 両方とも若者にとっては無駄の象徴で、テレビでは「それでも必要だ」と主張する中高年の嘆きとセットで紹介される。「スルー」の元祖は2ちゃんねるの荒らし等を「スルー」することで、近くはLINEの「既読スルー」がある。2ちゃんねるの「スルー」は「面識のないバカを無視すること」だったが、既読スルーは「関係性がある人なのに反応してあげない」ことを意味する。

 そう考えると「既読スルー」については、2000年代中盤、誰かが自分のミクシィを見に来たことが分かる「足あと」がついたにもかかわらず何も書き込まずに去る「読み逃げ」が連想される。あとは2000年頃の個人HPの「キリ番踏み逃げ厳禁」もだ。

 当時のHPにはアクセス数に応じたカウンターがついており、「1000」や「8888」など、キリの良い番号を踏んだ人がいた場合は、HPに併設された掲示板で「キリ番」を踏んだことを報告し祝意を表明することが謎のルールとして存在していた。その場合は、HPの管理人から賞品を贈られたりした。

 これもいつしかウザがられ、完全に死語となったが、それに代わる言葉が「既読スルー」であり、そこから発展した「忘年会スルー」と「年賀状スルー」である。元々ネット用語だった「スルー」がリアルの世界で使われるようになったのだ。

 だが、これは要するに「忘年会離れ」と「年賀状離れ」ということでしかない。文化・風習は、必要性を感じられなくなったところで実行者が減り、結果的に廃れていく。忘年会も年賀状もその流れにいる、というだけだろう。この20年ほどで使う機会が減ったり売り上げが減ったものを挙げれば以下がある。

 公衆電話/雑誌/テレビ視聴率/新聞/ビール/CD/ナタデココ/タバコ/パチンコ/クリスマスはカップルで過ごすものという概念/結納/海水浴/百貨店/スキー・スノーボード

 いずれも「スルー」をつけても意味が成立するものばかりである。忘年会スルーと年賀状スルーは、あくまでも若者がSNS上でハッシュタグをつけるなどして「忘年会無視してやったぞwwww #忘年会スルー」などと遊びでやっていたのにメディアが「新単語GET!」と飛びついた間抜けな構図がある。

 これからどうせメディアは新たな「スルー」が出たらそれの是非を巡り世代間対立を煽るのだろう。予想しておくが、以下のようなスルーも今後登場するかもしれない。「取り上げたら負け」だぞ。

 新年会スルー/バレンタインスルー/ホワイトデースルー/卒業式スルー/入学式スルー/花見スルー/新人歓迎会スルー

 これに対して「私らが新人の頃は会社の命令に何でも従ったものですが……」と嘆く街のオッサンがテレビに登場し、スタジオの「若手理解系オッサン」が「これも時代の流れですからね」とコメントする様が想像できる。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。