記事

野村克也氏が語る名将の条件「選手がいかに監督を信頼するか」

野村チルドレン5人が監督に

三木肇・楽天監督も野村氏の教え子の1人(時事通信フォト)

 南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任した野村克也氏(84)。彼が球界に残した「野村チルドレン」は数多く、今季はかつて指導したことのある5人が監督としてチームを率いることとなった。“教え子監督”に期待することは何か。名将は、かく語った。

【写真】野村氏の教え子の1人・三木肇・楽天監督

 * * *
「野村チルドレン」と呼ばれる野球人が、何人も監督となってペナントを争う。悪い気はしないね(笑い)。教え子たちが球界を引っ張ってくれるのは本当に嬉しいよ。

 来季から初めて監督を務めるのはヤクルトの高津臣吾と、楽天の三木肇か。

 高津は監督就任会見で、私から「野球の難しさ、奥深さを学んだ」と語ってくれた。三木は「野村監督から学んだことが土台になっている。“野村の考え”をベースに、考える野球を目指したい」と目標に掲げてくれた。監督冥利に尽きる。

 この世界は結果。結果を出せば評価は高くなるが、負ければ彼らは「野村のモノマネ」と批判されて、簡単にクビになる。結果良ければすべて良し、だ。

 ただ、名将の条件とは「勝利」だけではない。結果を出すまでのプロセスが問われてくる。信は万物のもとをなすと言うが、監督に必要なのは選手やコーチからの信頼。それが名将の唯一の条件だと私は考えている。トップに信頼・信用がないと組織の歯車はうまく回らない。それと同じで、選手がいかに監督を信頼・信用しているか。これがないとチームづくりはできない。

 一度できた信頼関係はなかなか崩れない。ドラフトやトレード、FAでいい選手をかき集めるのは間違いではないが、絶対ではない。チームを強くするには、監督が選手より一歩も二歩も前を歩いて、選手たちがその道を信頼してついてくることなんです。

 現役選手時代から野球を観察し、勉強してきたかどうかも大きい。私には「外野手出身に名監督はいない」という持論がある。別当薫さんは監督1000勝を挙げながらも優勝経験がないし、最近では若松勉や秋山幸二のように日本一になった監督もいるが、連覇はなかなか難しい。

 外野手は試合中に考える場面がほとんどない。打者によって守備位置を変えることくらいだが、それもベンチからの指示が大半。「外野手出身監督は細事小事に目が行き届かない」というのが私の分析だ。似たことは、“お山の大将”になりがちな投手出身監督にも言えるが、配球などで頭を使うぶん、外野手よりは監督の適性がある。

「名選手、名監督に非ず」とも言われる。私もその通りだと思う。特に打のスター選手が監督になると、長打が飛び交う派手な攻撃野球を好む。才能と技術に頼る、荒っぽい野球だ。ハマれば強いが、毎回ハマるはずがない。強いチームにはなっても、常勝チームにはなれない。

 また、現役時代に抜群のパフォーマンスを発揮してきた選手は、監督になっても“現役時代の自分”のままで選手を見てしまう。選手と監督では、見るべき目線が異なることを理解しなければならない。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

あわせて読みたい

「野村克也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。