記事

#はるかぜちゃん の発信者情報開示請求、認められる

春名風花さん、ネット中傷に法的措置 苦しめられた10年間「絶対に引きません」

弁護士ドットコムの上記のニュースによれば、はるかぜちゃんが長年の誹謗中傷に対して発信者の法的責任を追及する法的手段に出て、四回目の発信者情報開示請求により発信者を突き止めたという。

被害者の負担の重いこの制度に敢えて挑んだ彼女に、心からエールを送りたい。

民訴法的には、なかなか興味深いのだが、はるかぜちゃんは18歳、そして父親は提訴に反対しているとのこと。

母親のみでも法定代理人としてはるかぜちゃん本人の訴えを提起することはできようが、このケースでは母親が原告となったそうだ。そして母親もともに中傷されている書き込みを標的としたという。

ただでさえ被害者の感じる誹謗中傷と法的に責任を問える名誉毀損との間にギャップが有るのに、上記のような事情とはいえ対象の書き込みが限定されるのは苦労が耐えなかったことであろう。

ともあれ、この訴訟事件を一つのきっかけとして、発信者情報開示請求権という制度が、法的責任追及の準備段階に過ぎないのに本訴を要求されていることのおかしさ、不自然さ、被害者への負担の重さについて認識が広まり、法改正の議論が巻き起これば良いと思う。

訴訟の相手をさせられるプロバイダだって、本来は本訴で争いたいわけではなく、何らかの形で裁判所が通信の秘密による開示制限を解いてくれればよいのである。

今こそ、有り得べき法改正に向けた検討を開始すべきなのだ。

あわせて読みたい

「春名風花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  10. 10

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。