記事

米政治学者が警告「米中は流血戦争もありえる」

2/2

■新興国が覇権国を脅かしたケースは過去500年で16回ある

1番目の大局的な問題ですが、これは「トゥキディデスの罠」で説明できます。中国は平和的台頭を望んでいました。アメリカの前政権は、中国が日独の先例に倣(なら)って米国主導の国際的秩序において責任あるステークホルダーとしてのポジションに就くことを期待していました。しかし、そのような米中の期待が覆されたのはなぜなのでしょうか。一言で言うと、その答えは「トゥキディデスの罠」にあります。


「東京会議」に登壇したグレアム・アリソン氏(写真提供=日本アカデメイア)

中国は急速に台頭してきた強国です。一方、米国は強大な覇権国家です。台頭する新興国家が覇権国家に取って代わろうとするときには、極度の危険が待ち構えていることを知らせる警鐘が必ず鳴ります。過去500年のうち、新興国家が覇権国家を脅かす状況が16回発生しました。その16回のうち12回が最終的に戦争に至りました。

日本はこれらの16回のうち、19世紀末と20世紀の2回において重要な役割を演じました。1回目はロシアと中国に挑み、2回目は20世紀半ばに米国が日本の台頭に抵抗したときに真珠湾攻撃をしました。(米国務長官などを務めた国際政治学者の)ヘンリー・キッシンジャーが1996年に、「トゥキディデスの罠は、最近の雑音やニュースを見通して米中関係の根底にある力学を見ることができる最も適したレンズである」と言いました。

■アメリカと中国の対立競争は今後より強まる

2番目として、米中の相対的な力に何が起こったのでしょうか。冷戦終結以降、ほとんどアメリカは一極構造の世界が続くだろうと期待していました。しかし構造的転換が起こりました。過去の歴史を見ていても、新興国が短期間のうちにこれほど大きく、これほど多くの次元で台頭した事例はありませんでした。例えばチェコのハヴェル元大統領の言葉を借りるならば「あまりにも速く事が進んだので、驚く時間さえなかった」というわけです。

3番目に、対立と競争は不可避なのでしょうか。答えはイエスです。不可避です。「中国の偉大な復興(メイク・チャイナ・グレート・アゲイン)」という習近平中国国家主席の夢を中国が実現すると、米国人は当然、自分たちのものだと思っていた地位や大権をなくして、特に「アメリカの世紀」の後を中国が侵害することは避けられないわけです。

アメリカ人が自分たちの空間だと思っていた場所に中国がどんどん進出してきていると感じると、米国人は警戒感を強めて、押し返そうとするでしょう。これを単にトランプ流の回り道と考えるのは考え違いだと思います。民主党候補者がトランプに対抗して勝つことになると、もっと反中国的になるでしょう。

■「罠」から逃れる知恵は世界のあらゆる人に眠っている

4番目として、実際の流血を伴う戦争は不可避なのでしょうか。答えは、不可避ではありません。繰り返して言います。避けられます。

ただし、もし米中の指導者がいつものような国政術に甘んじるならば、歴史を繰り返すことになります。そうすると、戦争が起こるかもしれません。第3次世界大戦すら起こるでしょう。しかし、戦争の結果がいかに悲惨かということを我々が認識し、そうした対立状態がいかに幾度となく戦争に行き着いたかを理解していれば、戦略者や政治指導者は歴史の常を乗り越えた先人の例に倣うことができるでしょう。


写真提供=日本アカデメイア

「日本アカデメイア」が東京都内で開催したシンポジウム「東京会議」 - 写真提供=日本アカデメイア

そして5番目。「トゥキディデスの罠」から逃れる方法はあるのか。私はそれを探ってきました。現時点では9つの潜在的な逃げ道を発見しましたが、どれもそれほど説得力はないので、皆さまにご紹介する気持ちにはなりません。ですが、1つ確信していることがあります。戦略的な知恵を独占する人はいないのです。

ワシントンでも、北京でも、マサチューセッツ州でも、ケンブリッジ大学でも、ハーバード大学でもありません。従って、ここにチャンスがあります。男女を問わず、また、日本人も、フランス人も、シンガポール人も、誰もが良いアイデアを提供することができます。それはグローバルな善に資するもので、全員が考える絶好のチャンスを手にしています。

将来はいろいろな可能性があります。国家間の戦争を回避する場合に理解しなければならないのは、本格的な戦争が発生すると、アメリカも消えてしまうし、中国も地図から消えてしまうことになるということです。従って、慎重に対応して、協力して危機を回避し、危機管理のための準備を行っていかなければなりません。

----------

グレアム・アリソン ハーバード大学ケネディ行政大学院 教授

核兵器、ロシア、中国、国家安全保障を専門とする。国防次官補、国防長官顧問、国防長官諮問委員などを歴任。近著に『米中戦争前夜』がある。

----------

(ハーバード大学ケネディ行政大学院 教授 グレアム・アリソン 構成=プレジデントオンライン編集部)

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  4. 4

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  5. 5

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

  6. 6

    新型肺炎後の世界はネット主流か

    ヒロ

  7. 7

    東京で新たに130人以上感染確認

    ロイター

  8. 8

    敵はウイルス 政策叩きは止めよ

    青山まさゆき

  9. 9

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  10. 10

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。