記事

「ゴーン氏密出国事件」で判明した思想的断層

■ゴーン氏をめぐる思想的な捻れ現象

 スパイ映画さながらのゴーン氏の脱走劇を見て、多くの人々が様々な意見を述べられているが、それらの意見に逐一、目を通してみると、ある不思議な現象がみて取れた。

 それは、本来、ゴーン氏を擁護するべき人がゴーン氏を批判し、ゴーン氏を批判するべき人がゴーン氏を擁護しているというケース(思想的な捻れ)が多々見られるという現象だ。

 私も普段、右寄りと思われているようなので、本来であれば、ゴーン氏を批判するべきなのに、なぜゴーン氏を擁護するようなブログ記事を書いているのか?と思われた人も多いのではないかと思う。あらぬ誤解を避けるために少し説明しておきたいと思う。

■「人質司法」は「社会主義司法」

 今回のゴーン氏の脱走事件の原因として必ずといって取り沙汰されるのが「人質司法」という問題だが、これは一言で言い換えると「社会主義司法」のことを意味している。「個人の人権」よりも「国家(組織)の威信(体裁)」の方が大事だという意味では、まさしく社会主義司法である。

 左翼の人々は、与党と検察がタッグを組んでいるというような認識を持たれているのかもしれないが、全く無関係とは言えないまでも、実際のところはあまり関係のない独立した組織である。
 左翼の人々は、公安と検察を同じような組織だと混同されているのかもしれないが、公安と検察の違いを以下に表記すると、

【公安】
 公共の安全と秩序を維持することを目的とする警察

【検察】
 犯罪や事件を捜査し、公訴(刑事手続上の訴え)を提起する組織

 一方で、右寄り(保守)の人々の中には、検察が全く間違いをしない法律の番人だと思っている人もいるように見受けられるが、何年か前の厚労省の村木氏冤罪事件でも明らかになったように、全く瑕疵のない組織とは言えない側面がある。



■万人に公平ではない法の運用

 日本の検察は有罪判決率99.9%(99.8%という説もある)を誇る世界でも例を見ない組織であり、この突出した異常な数値は、起訴した案件は何が何でも有罪にする(冤罪を生む)という意味で、世界的にも批判の対象となってきた。
 普通の民主国家の有罪判決率はせいぜい70~80%程度なので、そういった国々から見ると、この数値は明らかに法律を人為的(恣意的)に運用している結果だとも言われている。

 日産の不正経理問題で訴えを起こされ逮捕されたゴーン氏だったが、その後、訴えを起こした側の不正経理問題も発覚したことは周知の通りだ。しかし、この両者の扱いはあまりにも違いがある。この辺のところも、ゴーン氏にとっては疑念となり不満だったのだろうと思う。
 法律を万人に公平に適用するのであれば、この扱いはおかしいと思うのは、むしろ当然だとも言える。

■必ずしも正義が実現しない日本の司法

 ゴーン氏と同じ立場に置かれた場合、少し勘の鋭い人なら、このまま無実を訴え続けても無罪になる確率はほぼ0%だということが分かったと思う。
 足利冤罪事件のように、反証できない物的証拠が出てくるケースであれば、検察は冤罪を認めることはあっても、今回のような白黒がはっきりしない経済事件では、潔白を証明するのは悪魔の証明となり、どう転んでも有罪にしか成り得ない。



 本当に無実であっても、無罪にはならない。その諦観から脱走を決意したというのがゴーン氏の本音だろうと思う。

 日本を中国や北朝鮮と同じ扱いにするのは抵抗があるが、この99.9%の有罪判決率は、恣意的に法律を運用する無法国家(独裁国家)の社会主義司法だと思われても仕方がないのでないかと思う。その歪んだ司法の元では、必ずしも本当の正義が実現しないことを意味しているからだ。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。