記事

日本株のグローバルな位置

1/2

株式に投資する場合、必要なのはグローバルな視点である。企業が国際的に活躍している。投資家も、先進国の株式であれば安い手数料で売買できる。しかも、日本の経済力と成長力が圧倒的ではない。どう考えてもグローバルな株式投資が重要となる。

1989年12月末にピークを付けた日本の株式は、その後12年少しの間、長い調整に入った。2003年に調整を終えたものの、2008年にはリーマンショックの影響を受けた。ようやく2012年末以降、本格的な上昇過程に入ったようだ。

残念なのは、とくに投資信託や証券会社が株式市場に対してグローバルな視点を軽視してきたことである。自分達が得意とする日本株こそ「the株式市場」と言わんばかりだった。ここ数年、ようやくグローバルな市場に軸足を移しつつあるようなのだが。

多くの年金ファンドもグローバルな視点を欠いてきた。株式を国内と海外に分けていることと、「国内株保有額が海外株保有額よりも多いか同じ」という制約をポートフォリオに課していることである。

前者に関して、日本経済を支える自動車産業の売上高の過半が、国内ではなく海外であることを思い出せばいい。電子部品も同じである。後者に関して、日本の経済規模(国内総生産=GDP)が全世界の10%を割っていることと、成長率においてアメリカの方が日本よりも高いことを例示しておけばいいだろう。これだけでも、日本株ではなく、グローバルな視点で株式に投資するのが正しいと理解できるはずだ。

もっとも、「理解できない、そうはいっても・・」との声もあるだろう。そこで各国の主要な株価指数の推移を示しておきたい。

まず、1990年年初から2019年年末までの30年間について、1990年年初(正確には1989年年末)を100として30年後の株価の水準を計算した。

日本:東証株価指数=TOPIX 60.2、日経平均株価 61.3
アメリカ:S&P500(ドル)916.8、S&P500(円)699.8

ドイツも計算したかったのだが、あいにく手元に25年間強のデータしかなかったので止めた。25年間のデータを見る限り、結果に大差ないはずである。

この期間には、日本のバブル崩壊後の12年間強が含まれる。日本が残念な結果なのは仕方ない。

それでは、2000年以降の20年間だとどうなるのか。2000年前後にはアメリカを中心としてIT株(情報通信株)のバブル崩壊もあり、日本と欧米の条件は対等に近い。結果は次のとおりである。

日本:東証株価指数=TOPIX 100.6、日経平均株価 125.9
アメリカ:S&P500(ドル)220.5、S&P500(円)236.3
ドイツ:DAX 191.7

1990年以降の30年間ほどではないものの、やはり日本株の上昇率が劣位にある。日本の投資家として一番重要な円ベースでも同じというか、より海外株の方が良くなる。というのも、円がドルやユーロに対して安くなったからである。

企業を225社に絞っている日経平均でさえそうである。日経平均の場合、2000年4月にIT企業にウェイトを移しすぎ、そのため指数水準が急落するという事件があった。とはいえ、その影響を除外しても大差ないだろう。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  7. 7

    「おじさん」は女性にも存在する

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。