記事

青学・原監督の采配ズバリ 令和の箱根駅伝では「4区」がエース区間になる 戦力拮抗で「花の2区」は「しのぐ2区」へ - 山崎 ダイ

 まさに「原晋マジック」の本領発揮という感じだっただろうか。

 各校の戦力が拮抗し、「戦国駅伝」と呼ばれた第96回箱根駅伝。前半戦となるその往路を制したのは、フレッシュグリーンの襷・青山学院大学だった。

一歩間違えれば選手を“無駄駒”にしかねない

 混戦の中でも光ったのは、指揮官である原晋監督の手腕である。

 例えば、当日変更で1区にエース・吉田圭太(3年)を起用してきたが、これは非常に難しい判断だったはずだ。各校が一斉にスタートする1区はスローペースになる可能性もあり、そこにチームの最高戦力を投入する判断は、一歩間違えればその選手を“無駄駒”にしかねないからだ。

午前8時、大手町を一斉にスタートする各校の第1走者 ©時事通信社

 特に今大会は東京国際大の留学生、イェゴン・ヴィンセント(1年)や拓殖大の赤崎暁(4年)といったスタート起用が予想された有力選手が3区にスライドしたため、終盤まで誰も仕掛けないような展開も十分ありえた。それでもふたを開けてみれば序盤からハイペースでの鍔迫り合いが繰り広げられ、早々に1位集団から脱落するチームが続出。エース起用が的中する形となった。

 そして往路優勝の決め手となったのが、4区に起用された吉田祐也(4年)の走りだった。首位の東国大と1分21秒差でスタートすると、13.7km地点でトップに立つ。終盤は一気にスパートをかけ、1時間30秒の区間新記録をマーク。区間2位だった東海大の名取燎太(3年)に1分以上の差をつける爆走で、今回2区で超人的な区間新記録を打ち立てた東洋大の相澤晃(4年)が前回大会で記録したタイムを24秒も更新してみせた。

今後の箱根駅伝の戦術トレンドを決定づけた

 実は4区のスタート時点までは、戦前「5強」と言われたチームのうち東海大、青学大、國學院大は1分以内の差の中にひしめいていた。結果的にそこにトドメを刺したのが、吉田の走りだったわけだ。

 そして実はこの走りは、今後の箱根駅伝の戦術トレンドを決定づけた可能性がある。

 それが「4区重視」という戦略だ。

 これまでの箱根駅伝の往路では「花の2区」という呼称に代表されるように、2区に絶対的なエースを置き、1区と併せて序盤でしっかりと流れを作る形を目指すことが多かった。だが、近年は戦力の均衡が進み、優勝候補校の間で1区での差が付きにくくなった結果、2区は集団走になるケースが増えた。すると、その集団についていくことで、最後に首位に立てなくとも先頭と差をつけずに襷リレーができればいいという「しのぐ2区」の考え方ができるようになってきたのだ。

監督からは「とにかくしのいで、いい流れで繋ごう」

 実際に今回、東海大の2区を走った塩澤稀夕(3年)は、レース後にこんな風に語っていた。

「自分の役割としては、『エース』というよりはチーム全体のことを考えて、『しのぐ』ということを一番の目的としていました。両角(速)先生からも『とにかくしのいで、いい流れで繋ごう』ということを言われていたので。いい位置で1区の鬼塚(翔太、4年)さんが渡してくれたので、タイムとかはあまり気にせず、とにかく先頭集団について、そのまま先頭で襷をわたすことだけを考えて走りました」

 また、青学大もこの2区に同校史上初めて1年生の岸本大紀を起用。区間順位は5位ながら、こちらも塩澤同様先頭集団でレースをすすめ、最後にスパートをかけるという展開に持ち込んでいる。

 そうして2区を「しのいだ」結果、もっとも力の差がでるのが山上りに繋ぐ4区であり、そこにエース格の選手を置けるかどうか、またその選手がしっかりとエース級の走りができるかどうかが、今大会の結果を左右したのではないか。

4区のランナーには高い対応力が求められる

 実は昨季往路優勝を果たした東洋大は、前述のように前回大会ではエースの相澤を4区に起用している。逆に敗れた青学大は4区でのブレーキが響いて大きな後れを取った。そのことから、4区の重要性が再認識されてはいたが、今大会でそれが決定的なものになった。

 東海大もこの区間にエース格の名取を配置しており、決して悪い走りではなかったものの、あと一歩の爆発力に欠けた。4区まで展開が進むと、先頭から少し離れた単独走もあれば、先頭集団での集団走になる可能性もあり、そこを走るランナーには高い対応力が求められる。また、コース自体も終盤含めコース上に小刻みなアップダウンが何度もある難コースだ。そのため、実力や調子がより顕著に現れるということなのだろう。そこに大砲を置くことができた原監督の戦術眼は、まさに見事だった。

 往路を終えた原監督は、「総合優勝しなければ『終わりよければすべてよし』とならない」と語り、まだ気を緩めてはいない。とはいえ、勝負師の戦術眼は一層磨かれているようだ。

 今後、シューズの進化やランナーのレベルアップにより、箱根駅伝もさらなる高速化が想定される。そうなれば優勝を狙うチームでは、さらに2区を「しのぐ」形で流し、総合的に勝負するというケースが増えていくのではないか。そうなると、今後はエース区間が「4区」になっていく可能性は高い。

 令和の時代は、「花の4区」という流れになっていくのかもしれない。

(山崎 ダイ)

あわせて読みたい

「青山学院大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。