記事

小沢一郎は今こそオスプレイ配備問題と尖閣問題で声をあげよ

 野田首相が尖閣問題を購入すると突然言い出した背景に何があるのか。

 これを解く鍵は二つある。

 一つは石原慎太郎がわざわざ米国の講演で尖閣購入を言い出したことだ。

 この石原の米国訪問については、亀井静香が「米国との関係を修復しに行ったのだ」とかつてどこかで語っていた。

 つまりその昔、「NOと言える日本」で米国を怒らせたことに侘びを入れに行ったのだ。

 その時に尖閣問題を米国と話して来たフシがある。

 二つ目は、野田首相が小沢切りをしたとたん、やたらに攻撃的になってきたことだ。

 就任早々「どじょう」だと称して謙遜していた野田首相が、「決断する」首相を振りかざし、集団的自衛権とかオスプレイ配備とか、原子力基本法に安全保障条項を盛り込むとか、どんどんタカ派の政策を打ち出している。

 そう考えた時、突然の尖閣購入は、石原と通じて米国の日中分断作戦に野田首相は乗せられようとしているのではないかと勘ぐりたくなる。

 しかしそれは日本の国益にとって愚の骨頂である。

 尖閣問題は周恩来や鄧小平が提唱したようにお互いの国民が成熟するまで棚上げするしかない。

 それを破って攻勢にでてきたのは中国のほうだ。

 だから野田首相は尖閣を購入する時に中国にこう言えばいいのだ。

 日中間でしばし棚上げをしよう。その間に経済関係を強化し日中友好関係を進めよう。これこそが互恵関係の促進だ、と。

  これに対して中国が異論を挟む余地はない。

 周恩来や鄧小平の叡知に泥を塗るのかと言えば今の指導者たちはぐうの音も出ないだろう。

 野田首相が棚上げ論を提示するような外交ができれば大したものだ。

 しかし、おそらくそうはならないだろう。

 石原慎太郎に乗せられて米国の日中分断作戦の尻馬に乗るだろう。

 私が小沢一郎であれば政局ばかりに奔走するのではなく、いまこそ国民の前で、世界の前で、野田外交の誤りに正面から異を唱えるだろう。

 私が首相だったらオスプレイの配備は認めない、米国と再交渉して見せる、と。

 私が首相だったら尖閣問題の棚上げを中国首脳に提案する、そして日中間の関係強化に専念する、と。

 米国は腰を抜かすだろう。しかし米国は反論できるはずがない。

 政局を制するのはなにも新党づくりの数合わせだけではない。

 正しい政策こそがもっともよく政局を制するのである。

 小沢一郎はそのことに気づくべきだ・・・

あわせて読みたい

「小沢一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。