記事

レバノン当局、ゴーン被告の国際手配書を受領 出頭命じるか不明


[ベイルート/東京/イスタンブール 2日 ロイター] - 会社法違反(特別背任)などで起訴され保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車<7201.T>前会長カルロス・ゴーン被告を巡り、レバノン当局が2日、国際刑事警察機構(ICPO)から国際手配書を受領したことが判明した。

レバノンの司法関係者はロイターに対し、当局が受領したのはゴーン被告の身柄拘束を求める「赤手配書」だとした上で、過去のケースでは赤手配書で身柄は拘束されないものの、旅券(パスポート)が押収されたり保釈決定が行われたりすると明かした。

また別の公安当局者はゴーン被告に事情聴取のための出頭命令が行われるかは不明だが、レバノン政府は自国民を海外に引き渡すことはないとした。

レバノンのサーブ暫定防衛相は地元メディアのMTVに対し、ゴーン被告の日本出国にレバノンは公的に関与していないと述べた。

こうした中、ゴーン被告は声明を出し、自身の逃亡に妻のキャロルさんや家族が関与していると報じられているが、不正確で誤った憶測にすぎないとし、「自分1人で出国の手配をした」と主張した。

ゴーン被告の海外逃亡を巡っては、旅券を弁護士に預けた状態でどのように行われたかが焦点になっているが、NHKはゴーン被告がフランスから2通のパスポートの発行を受けており、このうち1通を裁判所の許可を得て、鍵が付いたケースに入れて携帯していたと報じた。

またトルコ警察の報道官によると、ゴーン被告の逃亡に関連し、パイロット4人を含む7人の身柄が警察当局によって拘束された。ゴーン被告は、プライベートジェット機でトルコのイスタンブールを経由してレバノンのベイルートに入ったとされ、トルコ内務省が調査に乗り出していた。[nL4N29705P]

複数の関係筋によると、ゴーン被告は裁判の1つが2021年4月まで延期されると知ったことをきっかけに出国に踏み切ったという。

関係筋の1人は、妻のキャロルさんと会うことも話すこともできないことに被告は心を痛めていたと話した。クリスマスにもキャロルさんと会うか、もしくは話すことを求めたが、保釈条件に基づき拒否されたという。

ゴーン被告はさらに、日本の検察当局が12月上旬に米国で被告の娘と息子から話を聞いたと知り、自白を引き出すよう当局が家族に圧力を掛けていると心を痛めるようになったという。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  10. 10

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。