記事

ファーウェイ、19年は18%増収の見通し 20年は「困難な年」に


[上海 31日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は12月31日、2019年の売上高が前年比18%増の8500億元(1217億2000万ドル)となる可能性が高いとの見通しを示した。米政府による事実上の禁輸措置を受け、当初の見通しを下回る見込みとなった。

ファーウェイは19年5月、米企業との取引が事実上禁止され、米グーグル<GOOGL.O>の基本ソフト(OS)「アンドロイド」などの利用ができなくなった。

ファーウェイの徐直軍(エリック・シュー)輪番会長は従業員や顧客に向けた新年のメッセージで、2020年は「困難な年」になるとも指摘し、同社の成長は19年前半と比べて鈍化する公算が大きいとの見方を示した。

19年の増収率見通し(18%)は18年実績の19.5%を下回った。

19年第4・四半期の業績には言及していないが、同社の過去の発表に基づくロイターの試算によると、同四半期の売上高は前年比3.9%増の2392億元(232億8000万ドル)となる見通し。第3・四半期の増収率は27%だった。

徐氏は「国外の環境はこれまでになく複雑化し、世界経済への下押し圧力は強まっている」と指摘した。

また「長期的に、米政府は引き続き先端技術の開発を抑制する見通しで、ファーウェイの存続と繁栄にとって困難な環境となる」とした。

19年のスマートフォン出荷台数が前年比20%増の2億4000万台だったことも明らかにした。

徐氏はさらに、クラウドストレージや各種アプリなどのサービスで構成する「ファーウェイ・モバイル・サービシズ」の構築に20年は総力を挙げるとし、同サービスが中国以外の市場でスマート機器を販売する土台になるとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。