記事

SDGsバッジどや問題


先日、四国、淡路島に家族旅行に出かけた。地元の図書館で妻が借りてきた四国旅行のガイドブックに失笑してしまった。「お遍路さんツアーにピッタリなオシャレはこれ」「お遍路さんツアーと一緒に、チェックしたいグルメはこれ」みたいな記述があり。それ、お遍路さんツアーのコンセプトと違うだろ、人間の欲望そのものだろ、と。20年前、野外フェスが始まったばかりの頃のオシャレ雑誌に出ていた、およそ野外フェスに対応できない「フジロックガールのオススメファッション」以上の衝撃だった。

こういう、言っていることとやっていることが違う案件というのは、ついつい激しく傍観し、笑ってしまう。いわゆる「おまいう案件」もそうだ。「おまいう案件」とは何か?このエントリーにまとめてあるので、ぜひ、読んで頂きたい。



この「おまいう案件」で私が昨年気になったのはSDGsバッジ問題である。企業の方とお会いするたびに、気になることがある。それはSDGsバッジをつけているおっさんたちである。私はこれを「SDGsバッジどや問題」と呼んでいる。

打ち合わせなどでSDGsバッジをつけた企業の方が、あきらかにそのコンセプトと矛盾することを言ったり、その企業の取り組みが全然SDGsっぽくない瞬間、所詮ポーズだなと思ったり、あくまでビジネスチャンスとして捉えているのだと思ったり。そもそも、SGDsを実践している方は、必ずしもあのバッジをつけていないのが味わい深いところだ。

いや、ポーズから入って何かが変わることもある。しかし、明らかに矛盾している様子をみると、「あぁ、またこうやってコンセプトが消費されているのだな」と思い。SDGsバッジ自体が持続可能かどうか問われているように見える。

というわけで、とつぜん私服を解禁してオシャレな打合せスペースをつくってもイノベーションが起きるとは限らないように、このSDGsバッジをおっさんがつけるだけでは世の中変わらないということを今年は激しく傍観していきたい。2020年は「やっぱり、ダメだったよね」というがっかりの連鎖になりそうな気がしてならないのだが、うまくいかないものには、根本的な原因があるので、その問題を冷静にウォッチしていこう。うん。

あわせて読みたい

「SDGs」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  4. 4

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  5. 5

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  6. 6

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  7. 7

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  8. 8

    中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

    ロイター

    09月22日 09:00

  9. 9

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  10. 10

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。