記事

エアバス、2019年納入機数で首位 ボーイングから奪還=関係筋


[パリ 1日 ロイター] - 関係筋が1日明らかにしたところによると、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>の2019年の航空機納入数が863機となり、米ボーイング<BA.N>を抜いて2011年以来の世界首位となった。

ボーイングは2度の墜落事故を受けて運航停止となった「737MAX」機を巡る問題が続いている。

エアバスの19年納入数は18年の800機から7.9%増。同社は10月に19年の納入目標を2─3%引き下げ860機としていた。

ボーイングは19年1─11月の納入数が345機と、737MAXの納入が通常通り行われていた前年同期(704機)の半数以下にとどまった。18年の納入数は806機だった。

あわせて読みたい

「ボーイング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  3. 3

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  6. 6

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。