記事

エアバス、2019年納入機数で首位 ボーイングから奪還=関係筋


[パリ 1日 ロイター] - 関係筋が1日明らかにしたところによると、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>の2019年の航空機納入数が863機となり、米ボーイング<BA.N>を抜いて2011年以来の世界首位となった。

ボーイングは2度の墜落事故を受けて運航停止となった「737MAX」機を巡る問題が続いている。

エアバスの19年納入数は18年の800機から7.9%増。同社は10月に19年の納入目標を2─3%引き下げ860機としていた。

ボーイングは19年1─11月の納入数が345機と、737MAXの納入が通常通り行われていた前年同期(704機)の半数以下にとどまった。18年の納入数は806機だった。

あわせて読みたい

「ボーイング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  5. 5

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  6. 6

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  7. 7

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

  8. 8

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  9. 9

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    カイロ大卒は嘘 小池氏巡り証言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。