記事

#ゲノム編集 で双子を「制作」した研究者に懲役3年

昨年末のニュースだが、注目事件に一区切りついたか。

“遺伝子操作ベビー”の研究者らに有罪判決 中国(19/12/30)

 

 ゲノム編集って何?という人は、以下が参考になる。

 

南方科技大学元准教授の賀建奎被告など3人に、懲役3年の実刑と罰金約4700万円の判決が深センの裁判所によって2019年12月30日に言い渡されたという。

その理由だが、「裁判所は賀被告らが名声と利益を追求するため国の規定や医療倫理を無視し、医師の資格を持たないままゲノム編集技術をヒトの生殖に応用する違法な医療行為を行った」ということで、記事からは何が理由なのかはっきりしないものの、日本でいうなら医師法違反ということであろうか。

これまた記事からはよくわからないが、ゲノム編集により双子の女の子の赤ちゃんが誕生したという事実と、ゲノム編集により生まれた子供は3人という事実も示されているので、他にもまだいたということであろうか。

あわせて読みたい

「ゲノム編集」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  7. 7

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  10. 10

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。