記事

#ゲノム編集 で双子を「制作」した研究者に懲役3年

昨年末のニュースだが、注目事件に一区切りついたか。

“遺伝子操作ベビー”の研究者らに有罪判決 中国(19/12/30)

 

 ゲノム編集って何?という人は、以下が参考になる。

 

南方科技大学元准教授の賀建奎被告など3人に、懲役3年の実刑と罰金約4700万円の判決が深センの裁判所によって2019年12月30日に言い渡されたという。

その理由だが、「裁判所は賀被告らが名声と利益を追求するため国の規定や医療倫理を無視し、医師の資格を持たないままゲノム編集技術をヒトの生殖に応用する違法な医療行為を行った」ということで、記事からは何が理由なのかはっきりしないものの、日本でいうなら医師法違反ということであろうか。

これまた記事からはよくわからないが、ゲノム編集により双子の女の子の赤ちゃんが誕生したという事実と、ゲノム編集により生まれた子供は3人という事実も示されているので、他にもまだいたということであろうか。

あわせて読みたい

「ゲノム編集」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。