記事

韓国 捜査機関を新設/高官不正対象 検察改革の一環

 韓国国会は30日、政府高官らの不正を捜査する新たな独立機関「高位公職者犯罪捜査庁」設置法案を可決しました。巨大な権力を持つ検察から、政治家や政府高官らの捜査権と一部起訴権を捜査庁に移行します。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が公約に掲げてきた検察改革の一環で、刑事訴訟法が1954年に制定されて以来、検察が起訴権を独占してきた体制に風穴を開けることになりました。

 捜査庁の捜査対象は大統領をはじめ国会議員、最高裁長官、最高裁判事、憲法裁判所長、首相、判事、検事、高位の警察官などです。このうち警察官、検事、判事については捜査庁が直接起訴し、公判を維持することができます。警察や検察がこれに該当する事件の疑いを把握した場合は、捜査庁に通知します。

 市民の間では、検察による恣意(しい)的な政治捜査への不信が根強くあり、この間、検察改革を求める集会が数十万人規模で開かれていました。

 現地メディアによると大統領府は同日、書面で歓迎の意を表明。法案の可決は国民が「検察の恣意的で脅威的な権限行使に対し、けん制と均衡が必要だと判断したからだ」と指摘。「捜査庁の時代的使命を果たすため、政府はすべての努力と誠意を惜しまない」と述べました。

 法案をめぐっては、捜査庁の設置に反対を掲げた最大野党の自由韓国党が採決を欠席。他の与野党の賛成多数で国会を通過しました。

 (栗原千鶴)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  7. 7

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。