記事

逃亡犯ゴーン被告を匿っていると言われるレバノンは、国際的逃亡犯罪者の天国なのかしら

レバノンという国自体がかなり特異な国だという。

逃亡犯罪者の天国だ、などという噂には眉に唾を付けて聞くことにしているが、ゴーン被告が日本で刑事裁判を受ける被告人であることは重々承知の上でレバノンの大統領がゴーン被告と面会した、などというマスコミ報道を見ると、やはりレバノンはとても信用出来る国ではないな、ということになる。

日本の政府がどこまで毅然とした態度を取ることが出来るのか疑問だが、安倍総理も官邸もそろそろレバノン政府との対処方針を明らかにした方がいい。

事実上ゴーン被告の海外逃亡を間接的に支援するようないわゆる識者が次々と現れている状況をこのまま放置しておくのは、明らかに拙い。

自民党の国会議員の皆さんも三が日返上でゴーン被告の海外逃亡を問題にするくらいの勢いを示さないと、何のために国会議員をやっているんだ、くらいの非難を浴びることになるだろう。

今は、口をポカンと開けている場合ではない。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。