記事

令和初めての紅白歌合戦に感じた「昭和へのノスタルジー」

新年明けましておめでとうございます。本年も本ブログをよろしくお願い申し上げます。

大晦日は、夕方から実家に帰って、お節を食べながら紅白歌合戦を見て、のんびりと過ごしました。実家といっても都内ですから、自宅からタクシーで20分ほどです。

飲んで食べながら、テレビを見て、眠くなったらウトウト。そんなだらしない年末もよいものです。

久しぶりにテレビをゆっくり見る機会になった紅白歌合戦(写真)ですが、出演している最近の歌手をほとんど知りませんでした。

かつてのフィンガーファイブ(古い!)のようなFoorinというグループのパプリカという曲が、今年のレコード大賞だと曲紹介で初めて知りました。どの位ヒットしたのかはわかりませんが、昔のように世代を超えて多くの人に支持される曲は、出てきにくくなったと思います。

そんな最近のヒット曲の歌手たちと並んで、登場していたのが、昭和なスターでした。

坂本九さん、美空ひばりさんといった大御所から、現役で活躍する松田聖子さん、郷ひろみさん、そして竹内まりやさんに松任谷由実さん。

誰もが聞いたことのある懐かしいヒット曲をメドレーで歌う姿は、令和というより、昭和な香りでした。

松田聖子さんや郷ひろみさんは、30年前と変わらないルックスと歌唱力です。高校時代に見ていた「ザ・ベストテン」を思い出すようなタイムスリップ感。いつまでも最前線で活躍しているのを見ると、そのプロとしての毎日の努力に頭が下がります。

令和の時代には、もう昭和のような国民的ヒット曲というのは生まれないと思います。

だから、大晦日の夜は、みんなが一つになって楽しめる昭和な歌で盛り上がる。紅白歌合戦は、今年のヒット曲を総ざらいして振り返る歌番組ではなく、年に一度「懐メロ」を楽しむノスタルジックなお祭りになったことをしみじみと感じる夜でした。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年1月1日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「紅白歌合戦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  3. 3

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  4. 4

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  5. 5

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  6. 6

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    メルカリのOrigami買収判断は謎

    やまもといちろう

  8. 8

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    SW新作から見える米社会の変貌

    WEDGE Infinity

  10. 10

    新型肺炎の流行 五輪にも影響か

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。