記事

ユニバーサルミュージック、株式10%を中国テンセントに売却。ストリーミングやアジア戦略の加速に繋がるか

中国のテンセント(腾讯)は、同社が率いるコンソーシアムがユニバーサルミュージック・グループ株式10%を親会社であるフランスのメディア会社、ヴィヴェンディから取得することで合意した。取引額は300億ユーロ(約3兆6600億円)。テンセントのコンソーシアムは、テンセント・ミュージック・エンタテインメントと投資家が参加している。

テンセントは2021年1月までの期間に、今回と同じ評価額で最大20%までユニバーサルミュージックの株式を取得できる。株式取引は規制当局による承認が得られれば2020年上半期前に完了する予定。

「テンセントとコンソーシアムの参加企業は今回の投資によってユニバーサルミュージック・グループの成長をサポートします。テンセントとテンセント・ミュージックはヴィヴェンディと連携しながら、アーティストへの機会創出をさらに拡大させ、音楽ファンの体験を向上し、音楽とエンタテインメント産業をさらに促進させていきます」と、ヴィヴェンディおよびテンセントは共同声明を出している。

また、この株式取引完了前に、テンセント・ミュージックはユニバーサルミュージック・グループの中国ビジネスの少数株式を取得するオプション契約で二社が合意することも発表された。

世界最大のレコード会社であるユニバーサルミュージック・グループは、音楽ストリーミングビジネスへのシフトに成功したことによって更に成長しており、同社の音楽ビジネスは2019年上半期に過去最高の売上高となる25.96億ユーロ(約29億ドル、約3160億円)を達成した。

ユニバーサルミュージックは2019年にはビリー・アイリッシュやアリアナ・グランデ、、ポスト・マローン、ドレイク、テイラー・スウィフト、ルイス・カパルディ、ビートルズなど多数のアーティストをストリーミングやアルバムリリースで成功させてきた。

近年はユニバーサルミュージック・グループの売却は噂されてきた。2019年からはテンセントが株式取得に関心を示していることが報じられ、ヴィヴェンディと交渉が始まったことが確認されていた。

あわせて読みたい

「テンセント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  3. 3

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    選挙終えた小野泰輔氏「熊本へ」

    小野泰輔

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。