記事

逃亡犯罪人カルロス・ゴーン被告には、正義を語る資格はない!

どうやら周到に国外逃亡を計画していたようである。

検察官が間抜けだとか、裁判所が甘い、日本の人質司法が問題だ、などと言ってカルロス・ゴーンの海外逃亡をそれとなく援護しようとしているように映る識者の方もちらほら現れているようだが、ここは、カルロス・ゴーンは単に保釈条件に違反しただけではなく、密出国した歴とした逃亡犯罪人だと言い切った方がいい。

日本の治安当局の信頼性が大きく傷付いた。

こんな状況では、日本のテロ対策が徹底している、などと大見得を切ることは出来ない。
重大犯罪、社会的関心の高い重要犯罪の容疑者をこんな形で取り逃してしまった、などと言われてしまうのは恥である。

外務省も法務省も官邸も毅然とした態度を取ることが肝要である。

捜査当局はじめ関係機関は、カルロス・ゴーン被告の海外逃亡の手助けをしたと思われる組織の全容解明に努めると共に、再発防止に全力を尽くすべきである。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。