記事

「正解のない問題」についてこそ、自分のアタマで考えよう

1/2

昨年と今年に起こったふたつの事件(と事故)について、考えたことを書いておきます。

昨年の事件は、九州大学での放火自殺事件。
キャンパス移転のため取り壊しが決まっていた研究棟の一室で、46歳の男性が火を放ち、自ら死を選びました。

男性は同大学で博士課程まで進学したあと、9年前に退学した元学生。退学後は無断で研究室を使っており、大学側は事件が起こるまで彼の存在を把握していませんでした。

男性が研究してたのは憲法。

家庭の事情で一般高校には進めず通信制高校を選ぶなど、苦学して入った九州大学で博士課程まで進むも、博士論文を書き上げられないまま37歳で退学。

その後の10年は非常勤講師を掛け持ちする生活だったようですが、奨学金という名の借金が700万円もあり、経済的にはかなり苦しかった模様。

そんな彼が研究室に火をつけて自殺したのは研究棟から強制退去される予定の日で、いよいよ切羽詰まっての行動だったと思われます。

★★★

もうひとつは今年の事件。

47歳の男性が、ニコ生でスマホによる配信をしながら冬の富士山へ登山。
頂上近くまで達するも、配信中に足を滑らせて滑落。一キロ近くを滑り落ちて二日後に遺体で発見されました。

彼はながらく早稲田大学にほど近い古アパートに住み、司法試験を受け続けていたとのこと。

とはいえここ数年は自転車で走りながらの配信や、富士登山の様子をニコ生で配信するなど、配信にはまってたみたい。

今回は数少ない配信リスナーのリクエストもあり、冬の富士山に登山。配信映像を見る限り、冬山に登れるような服装や装備ではなかったようで、「事実上の自殺行為」という声もありました。

彼の住んでいたアパートの家賃は3万円代と報道されてましたが、取材に応じた大家さんは「長年ふた部屋を借りてくれていた」「働いてる気配はなかった」と証言されてるので、10万円ちょっとくらいの仕送りがあったのかもしれません。

あと、彼は一年前に癌を患って入院。その際には親御さんが郷里(四国?)から上京されてたらしいので、家族とのつながりはあったようです。

★★★

このふたりについてはいずれもNHKが特集番組を作っているので、興味のある人は番組記事を読んでみてください。

www3.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

★★★

ここでふたつの事件(&事故)の共通点と相違点をまとめてみると、

共通点
・ふたりとも40代後半の男性で単身者
・ふたりとも難関の職業を目指して浪人中だった
・ふたりとも最低限の生活費で生活していた
・ふたりとも、そこそこの大学に入学してる
・ふたりとも語学ができる
 (九州大学の元院生は「得意のドイツ語を活かした研究補助のバイトをしていた」し、司法試験浪人の男性は、英語で自分のアパートを紹介する配信をしていました)
・ふたりとも、40代で人生の幕を閉じた

違うところは、
・ひとりは自殺、もうひとりは事故死
・ひとりは自分で稼いでいた、もうひとりは(おそらく)親御さんの援助があった

というあたりでしょうか。

あわせて読みたい

「学歴」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。