記事

「よくもそんなことを!」グレタ演説を「コンテンツ」として消費する大人たちに言いたいこと 温暖化問題は「いつものこと」で終わらせてはヤバいんですよ - 石動 竜仁

 2019年9月23日、ニューヨークで開催された国連気候行動サミットにおいて、16歳のグレタ・トゥーンベリが演説して以降、SNS上では彼女に関する話題にあふれている。もっとも、たいていは非難であったり、称揚であったり、中傷であったり、はたまたいわゆる「糞コラ」の題材にされているが、いずれにせよほとんどマトモな取り上げられ方ではない。

9月23日、国連気候行動サミットで演説するグレタ ©︎AFLO

 ネットネタには割と食いつく筆者だが、グレタに関しては色々と思う所があり、これまで彼女に関してほとんどネット上で言及してこなかった。が、文春オンラインから「2019年 私が選ぶ『名言・迷言・珍言』」という企画の話が来た時、迷ったがグレタの発言について書こうと思った。ネタではなくマジメに。

喫緊の課題であることは間違いない

 初めに言っておくと、筆者はグレタの主張には同意どころか、真逆なところを多く抱えている人間である。彼女は動物食を一切しないヴィーガンだが、自分は好き好んで狩猟なんぞやっている人間だし(ただし、グレタがヴィーガンになったのは、畜産による環境破壊を理由にしているようだ)、パフォーマンスのために総合的に環境負荷がより高いかもしれない移動手段使って何やってんだとしか言いようがない。

 ただ、グレタが一番訴えている温室効果ガスの削減については、喫緊の課題であることは間違いないと思っている。彼女がここまで神がかり的に主張しているのは、今までの温室効果ガス削減目標では、不可逆的な地球環境変化が起こるとされる「臨界点」がすぐ来ちゃう可能性高いよってことで、オメーらもうすぐ死ぬ大人どもはいいだろうが、悪化した環境押し付けられるワイら子供世代はたまったもんじゃねーよ、バカヤローってことですよ。それで環境に関係ないこと話してりゃ、「よくもそんなことを!」と叫びたくもなりますよ。

 彼女の演説や主張に異論はありますよ。でも正直なところ、こういうことを子供世代から、あんなに憎悪のこもった表情で言われたことなかったので(多くの人もないだろう)、自分的には相当のショックだったんですよね。これ読んでいる人の中にも、団塊世代を憎んでいる世代の人は多いだろうが、それをもっと若い世代から自分に向けられた感じ。多分。

グレタ批判側vs.「グレタ批判」批判側

 ところがまあ、例によっていつものごとく、ネット上ではグレタ批判側と「グレタ批判」批判側に分かれてウンコを投げ合っている訳です。で、争論の中心もグレタの主張に対してではなく、ただの読解不足やフェイクじみたものからきてるの。

 例えば、学校を休んで国連に行ったことに関して、説教めいて非難する書き込みは山のように見たが、それはグレタが演説の最初に「私はここにいるべきではありません。私は海の反対側で、学校に通っているべきなのです」(NHK訳)と述べたことを知った上で書いたのだろうか。グレタは「はい、そうですね」(キレながら)と返して終わりだろう。

 また、グレタがまだ16歳であることや発達障害であることから、彼女を操っている存在があるとの主張も多く見られたが、結局のところ推測の域を出ない。それにそう主張する人に限って、まとめサイトをリンク付きでツイートしたり、大紀元の記事に釣られて「グレタが中国共産党に操られてる!」なんて主張したりしてませんか。それってあなたが大紀元に操られちゃってるわけですよね。

 でもね、大丈夫。自分の言動について、他者に影響受けない人なんていないから。いい歳こいたジジババが、日本語不自由なアジ文に扇動されて弁護士に懲戒請求繰り返したのは散々見てきたでしょ。ただ、グレタが操られていると疑うのもいいが、そんなら自分の言動もどこまで操られているのか、我が身を振り返ってみようぜってね。

当事者意識のある大人なら、申し訳なさも少しは浮かぶはず

 一方で、グレタを称賛する側の能天気さにも呆れることが多かった。グレタの演説は子供から大人に向けられた猛烈な批判であり、当事者意識のある大人ならば申し訳なさも少しは浮かぶのだろうが、メディアも含めて、そういう人はほとんど見られず、グレタの批判者に対する批判のために彼女を持ち上げていた。

 結局の所、「いつもの面々」がグレタをダシにして、「気に食わないヤツ」と殴り合っていて、グレタ自身の主張は顧みられることなく、いつものようにネットコンテンツとして消費されていく。それぞれが勝手に相手をやり込めたと思い、溜飲を下げて、問題そのものは忘れ去られていく……。まあ、いつものことと言ったらそれまでなんだけど、温暖化問題は「いつものこと」で終わらせてはヤバいんですよね。

 文春オンラインなんて読んでいるのも、いい歳こいた大人が大半だろうから書きますけど、大人なら大人としての当事者意識持とうぜ。グレタのあの怒りや憎悪は、大人に向けられたものなのに、彼女を支持するにしても批判するにしても、そこをスルーしているのはどうなんすかね。意識的無意識的にそこから目を反らしている、という解釈も可能かもしれないけど。

 あと、メディアでは「グレタさん」って表記が一般的だけど、自分には合わんけどその主張は理解するので、一個の人間として「グレタ」で通しました。

(石動 竜仁)

あわせて読みたい

「グレタ・トゥーンベリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  3. 3

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  6. 6

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  7. 7

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  9. 9

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  10. 10

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。