記事

中国、人民元指数の構成比変更 ドル比率低下・ユーロ上昇


[上海 31日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)傘下の外為市場運営機関、中国外国為替取引システム(CFETS)は31日、主要通貨に対する貿易加重ベースでの人民元の価値を示すCFETS人民元指数<.CFSCNYI>の構成比率を来年1月1日から変更すると発表した。

中国の貿易状況をより反映するためで、構成比率の変更は2015年12月の指数導入後2回目。

発表によると、ドルの比率を22.40%から21.59%に引き下げる一方、ユーロの比率を16.34%から17.40%に引き上げる。比率調整には18年の貿易データを使用したという。

構成する通貨の数は24で変わらないが、ベネズエラのボリバルを除外する一方、アイスランドのクローナを追加することにより、国際決済銀行(BIS)の通貨バスケットに基づいて指数の比率を調整するとした。

トレーダーやアナリストによると、今回の変更により市場の変動が高まるとは想定されていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。