記事

対中強硬姿勢でトランプ再選【2020年を占う・米中関係】

1/2
米中会議の様子(2017)出典:The White House

岩田太郎(在米ジャーナリスト)

【まとめ】

・米中テック戦争や知的財産権の争いが激化。

・中国が軍事拡張や国内政治弾圧をエスカレートさせる。

・トランプ氏、貿易以外に対中強硬姿勢を強め、再選へ。

2020年は、

米中貿易戦争の一時的な「休戦」で神経質になっていた市場が落ち着く一方で、米中テック戦争や知的財産権の争いが激化し、

中国が軍事拡張や国内の政治的弾圧をエスカレートさせ、北朝鮮の核兵器や大陸間弾道弾(ICBM)ミサイル開発を陰で援助することに対する米国の不満が高まり、

「永遠に終わらない弾劾の中間地獄」の中で大統領選挙を戦うことを強いられるトランプ大統領が貿易以外の面で対中強硬姿勢を強め、それが多くの米国民の支持を得てトランプ氏が再選される、と予想する。

■ 米中貿易戦争の一時的な「休戦」

トランプ大統領が2019年にエスカレートさせた中国からの輸入品に対する関税引き上げは、中国の習近平国家主席による報復関税を招き、米中両国の経済が打撃を受けた。

たとえば、米連邦準備制度理事会(FRB)が2019年12月23日に発表した報告書によれば、2018年および 2019年にトランプ政権が発動した報復関税により、米製造業の雇用が1.4%押し下げられる一方、製造コストが4.1%上昇するなど、じわじわと悪影響が増大している。農家も大口顧客を失い、苦しんでいる。

一方の中国でも、国内総生産(GDP)の実質成長率が鈍化し、2020年には6%台から5%台へとさらに落ち込むことが確実視されるなか、企業、地方政府、家計がそれぞれに過剰債務という「時限爆弾」を抱えることが懸念視されている。

このような状況下で、国内からの突き上げが無視できないトランプ・習両氏が一時休戦に合意するのは、自然の成り行きであったといえよう。だが、多くの識者が指摘するように、中国の構造改革や知的財産権の問題、その底流にある中国の覇権拡張などの構造的な問題は何も解決されておらず、米中テック戦争や知的財産権の争いが2020年にさらに激化しよう。

そうしたなか、米国にも痛みが大きい報復関税はこれ以上エスカレートさせずに、中国により象徴的・効果的に痛みを与えられる代替案が実行に移されるだろう。

具体的には、米国における特定の中国企業の上場廃止やそれら企業への投資制限を通して、マネーの流れを止める「資本規制」が見られるようになる。米市場に上場する中国企業の時価総額は130兆円を超えており、狙い撃ちで効果的に中国に打撃を与えることができる。

米投資信託や年金基金などの公的なマネーが、「米企業並みの金融透明性が確保されていない」中国企業に流れることを防止し、米国で上場する中国企業が知的財産権の面で問題があれば、投資制限を行えるようになる大統領令が発出されるか、同様の趣旨の法案が超党派の賛成で成立する可能性は低くない。すでに2019年に米国内で議論や準備が着々と進められてきたものであるからだ。

■ 覇権拡張をあきらめない中国への不満の高まり

米中貿易戦争の休戦が両国で発表された後の2019年の暮れに、大変興味深い現象が起こった。経済面における緊張の表面的な緩和にもかかわらず、中国共産党の対米宣伝戦が強化されたのだ。

たとえば、中国国防部の呉謙報道官は12月26日の定例記者会見で、「近年、米国は世界各地で戦争を発動し、他国の主権を侵害している。その行く先々で硝煙が四方から上がり、無辜の民衆多数が死傷し、大量の難民が発生している」と述べ、「米国の2019財政年度国防費は7160億ドルにも達し先般可決した『2020財政年度国防権限法』は国防費を7380億ドルにまで増やした。これは世界全体の軍事費の40%以上を占める。それでも中国の軍事費を巨額だと非難するのか」と強く批判した。

さらに、「中国の発展に対する米側の圧迫と抑止は、その『中国観』が誤った道に入り込んだことに源がある。自国の絶対的安全保障への米側の過度の追求は、その『安全保障観』が狭隘で利己的であることに源がある」と決めつけ、「中米は和すれば共に利し、争えば共に傷つく。米側が大局に着眼し、過ちを正し、中国側と向き合って進み、非衝突・非対立、相互尊重、協力・ウィンウィンの実現に努力することを望む」と強調したのである。

これは、中国のウイグル人や香港人への弾圧に対する米国の圧力をはね返す意味合いを持つと同時に、米国に対して、「中国を西太平洋地域における排他的な強国として認め、その『二大強国』の枠組みにおいて手を組もう」という従来からの呼びかけの焼き直しだ。だが、米国に遠慮した友好的な姿勢は影を潜め、トーンが強化されている。

さらに、中国共産党に近いとされる「中国人権研究会」は12月26日発表の論評で、「米国は一貫して民主と人権の『模範』を標榜しているが、至る所に存在する根深い金権政治が米国の嘘を徹底的に暴露している。金銭が政治を支配する米国では、金銭がなければ政治参加に関する一切の議論は空論であり、金権政治が『米国式人権』を容赦なく押し潰している」と米国を非難した。

このような強硬な論調の高まりが、同国内ですべてを指導統制する中国共産党の習近平国家主席の意図を汲んでいないとは考えづらい。

▲写真 習近平国家主席 出典:President of Russia

一方の米国でも、中国のウイグル人イスラム教徒の弾圧、香港での警察の暴力、市場規模を背景にした欧米企業に対する価値観の押し付け、習近平思想の行き過ぎとしての焚書、軍事拡張のエスカレート、北朝鮮の核兵器や大陸間弾道弾(ICBM)ミサイル開発への陰の援助などに対する批判がじわじわと超党派で高まりを見せつつある。

▲写真 北朝鮮金正恩委員長と会談する習近平国家主席(2019年6月)出典:中国外務省

2020年の大統領選を前に、現職のトランプ大統領や民主党の対立候補も、手っ取り早く人気取りができるため、ポピュリスト的な民意に基づく中国たたきを行わざるを得ず、米国民の対中感情はさらに悪化しよう。

しかし、選挙を勝つための「道具」に過ぎない中国たたきも、その言霊(ことだま)が独り歩きを始め、選挙期間を超えて米国民の心に深く根差すようになる。同じように中国の米国批判も抑制をしなければ、2010年代初頭の反日言説の利用が一時、共産党のコントロールできない事態に陥ったように、共産党の意図を超越して独り歩きしかねない。

このようにして安易に発動されるナショナリズムによって2020年には米中両国で互いへの反感が強まり、中長期的な米中戦争への秒読みが早まるターニングポイントの年になるだろう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  7. 7

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  8. 8

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  10. 10

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。