記事

日本でスタンダップコメディが流行らないのは何故か

1/2

 私は、お笑いが好きだ。そして、政治や社会問題に関心がある「意識高い系」の人間だ。ただ、この2つを満たす人は日本にはあまりいない。いや、いるのかもしれないが、それを楽しむ場面があまりにも少なすぎる。私は、お笑いのネタはもちろんのこと、水曜日のダウンタウン、ゴッドタンやアメトーーク!も大好きだ。そして、Netflixで海外のスタンダップコメディを見るのも好きだ。しかし、Netflixを見ると残念に思うことがある。海外のスタンダップコメディアンがたくさんいるのに、日本のスタンダップコメディアンが全然いないことだ。社会風刺やスタンダップコメディをやりたい芸人はいるのに、できる環境が少なすぎることを非常に残念に思っている。たまに村本大輔さんのライブを見に行くが、それも村本さんが小さなカフェで主催している自主イベントが多い。


 去年、単独ライブのゲストに評論家の宇野常寛さんをお招きした。宇野さんは、どのジャンルでも話せる人だが、専門は文化批評だ。宇野さんは社会風刺をやっている私に対して、「社会風刺をできる環境を作れなかった我々が反省すべき。こうやって持ち出しでやらざるおえない彼女を全力で応援すべき」というような趣旨のコメントを最初にお話してくださって、泣きそうになった。やっぱり辛いですよ。若い女の子が一人。お笑いファンの方にも、白い目で見られている気がするし、孤独でいっぱいだった。社会風刺をずっとやりたかった。でも、やる勇気がなかった。ここに踏み出したら、あどけない私もお嬢様芸人で得たものも全て失う気がしたからだ。でも、私は一歩踏み出した。単独ライブで、お嬢様ネタを封印し、社会風刺のみのライブをはじめた。それが今年の2月のことだった。


 そんな中、昔ニッポン放送でオールナイトニッポン0をやっていたときのスタッフさんから連絡が来る。「スタンダップコメディをやってみないか」という趣旨のメールだった。スタンダップコメディ協会の公演に出てほしいという旨だった。今年の8月に連絡が来て、12月30日の公演に出て欲しいという…。4ヶ月後のスケジュールを正直きりたくなかった。でも、夏休みも取らずに仕事をしてきたので、思いっきって休暇を申請し、挑戦することにした。

(20歳の時のオールナイトニッポン担当時)

 日本の土壌はまだまだ少ないが、スタンダップコメディをやっている先輩芸人さんがいらっしゃる。清水宏さんと、ぜんじろうさんだ。どうやら、この協会は、このお二人が主導となり、日本にスタンダップコメディを広めるために活動をしているようだ。お二人とも海外での公演経験がおありだ。ライブにご招待いただくと驚いた。新宿にある紀伊國屋ホールという大きな劇場が完売、満席だった。春風亭昇太さんがお着物を着ているのに、立って舞台を大きく使って、笑いをかっさらう。新鮮だった。

 そして、清水さんのパワーに驚いた。私は「人」が見えて、めちゃくちゃ感動した。普段よくやっているテレビサイズのネタをおろす1組の持ち時間が3分のネタライブでは、あまり人柄が伝わることは少ない。天然やお嬢様というキャラは伝わったりしても、温度というのか、人柄というものか、物の見方というものが伝わってくることは少ない。清水さんの話には、いろんな登場人物がいたけど、この人のことを清水さんは好きなんだろうなぁとかそういうのが伝わってきた。エネルギーもすごかった。政治のことをやってもお客さんがついてきてくれる。大人のお客さんが多かったから、その人の思想というものを理解した上で、笑いが積み上がる感じがした。「あそこに立ちたい」という芸人がいいものを見たら、必ず陥る魔法にすっかりかかっていた。その後、またライブにご招待いただいた。

 三浦マイルドさんと、ダースレイダーさんが出ていらっしゃった。三浦マイルドさんは私が大尊敬している、面白い先輩なので、もちろん存じ上げていましたが、ダースレイダーさんに感動。芸人ではなく、ヒッポホップをやっているらしく、この日初めてとおっしゃっていたが、めちゃくちゃ面白く、社会風刺の申し子というような嫌味で切れ味が鋭く、見た目からは程遠い知性だった。めちゃくちゃ笑ったのと同時に、悔しいという気持ちが押し寄せてきた。打ち上げにお誘いいただいたが、なんだか怖くて、こんなにできない自分が情けなくなりそうで、嘘をついて私は帰った。そこから重圧。やるなら、ちゃんとやらなきゃ。20分話すだけなら全然できる。心が動かされるネタを作りたい。そして、パッチワークみたいなつぎはぎのネタじゃなくて、1本のストーリー仕立てのネタを作ろうと決意。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。