記事

「ポスト安倍」人気 安倍首相4選が2位、では1位は?――「次期首相になってほしいのは誰?」アンケート - 「文春オンライン」編集部

1/2

 安倍晋三首相(65)は2021年9月に自民党総裁任期満了を迎えるが、年明けを前に党内から「4選」を求める声が高まっている。

【写真】ポスト安倍候補の面々とアンケート最終結果(全11枚)

 一方で安倍首相は12月27日のBSテレ東の収録で自身の後を狙う「ポスト安倍」候補を列挙。自民党の岸田文雄政調会長(62)、茂木敏充外相(64)、菅義偉官房長官(71)、加藤勝信厚生労働相(64)の順に名前を出し、それぞれの経験や実績にも触れた。

 他に「ポスト安倍」として名前が報じられるのは、政権批判を先鋭化させる石破茂元幹事長(62)、今年初入閣の小泉進次郎環境相(38)、外相から防衛相にスライドした河野太郎氏(56)。そして初の女性総理を目指す野田聖子氏(59)もクローズアップされている。


(左上から時計回りに)石破茂、加藤勝信、岸田文雄、小泉進次郎、河野太郎、菅義偉、野田聖子、茂木敏充 ©文藝春秋/AFLO/Getty

 そこで『文春オンライン』では、緊急アンケート「次期首相になってほしいのは誰ですか?」(選択肢は下記)を実施。約1週間(12月11日~19日)で投票総数は877票、20代~80代の幅広い世代の男女から回答が集まった。その結果を発表する。

・安倍晋三(4選)
・石破茂
・加藤勝信
・岸田文雄
・小泉進次郎
・河野太郎
・菅義偉
・野田聖子
・茂木敏充
・その他

「ポスト安倍」人気1位はやっぱり……

 302票を集め堂々の1位になったのは、石破茂元幹事長だった。党内実力者で唯一、「反安倍」の立場を鮮明にしているが2020年はどう動くか。

 2位は、在任期間が8年を超え、歴代最長を更新した安倍首相・4選(176票)。なお本人は先の番組でも「(4選を)全く考えていない」と否定している。続く3位は独特のSNS戦略で支持層を広げる河野太郎防衛相で92票。

 4位には小泉進次郎環境相が79票で入った。5位は安倍首相が後継者に見込んでいるとされる岸田文雄政調会長(43票)。6位は野田聖子氏(36票)。7位に官房長官として安倍政権を支え続ける菅義偉氏が入った。

 8位は選択肢に入っていなかった「れいわ新選組」山本太郎代表(45)が28票で食い込んだ。9位には現職外務大臣の茂木敏充氏(11票)。その他の候補者は票が割れた。

 なお文春オンラインでは4月にも同様の「ポスト安倍レース」アンケートを実施している。その際は1位石破茂氏(191票)、2位小泉進次郎氏(177票)、3位安倍首相・4選(126票)、4位菅義偉氏(89票)、5位に岸田文雄氏と河野太郎氏が50票で並ぶという結果だった。

 2つのアンケート結果を比較すると、8カ月間で石破氏がポスト安倍レースの票を固め、河野氏も急浮上。一方、小泉氏の人気が急落。また菅氏も失速したことが分かる(これを受けて、#2「小泉進次郎氏の人気急落の理由」、#3「河野太郎『3代の悲願』天下取りの可能性」をそれぞれ公開中)。

 ではそれぞれの候補を推す理由を見ていく。

【1位 石破茂氏 302票】

 安倍総裁の4選がアリか、ナシか。という視点からの回答が目立った。

「決して石破氏が好きなわけではないけれど、今の自民党の中で、唯一安倍政権を批判し、真っ当な事を言っている」(61・女性)
「安倍政権は長すぎて緊張感がなくなっている。弱い者に厳しく、強い者に優しい現政権から、自民党においては、いちばん離れたところにいるのが石破さんだと思うので」(42・男性)
「現在の政権に対しても意見を言える石破さんの政治力に期待したい!」(33・男性)
「同じトップであり続けるのは、会社同様よくない」(45・女性)
「もう安倍さんには飽き飽きした。年寄りの生活は、益々しんどくなり長生きするのも大変だ」(68・女性)
「安倍総理にモノを言えるのは、この人だけです。忖度政治にサヨナラしたい」(64・男性)

 クリーン、うそを言わないというイメージも根強いようだ。

「1番国民に寄り添った政治をしてくれそう。言葉に説得力や思いもあるしクリーンなイメージがある」(63・女性)
「自民党の中で一番真実味のある人だから、うそを言わない人」(83・男性)
「自民党の中では、いまのところ1番クリーンなイメージがあるため」(48・男性)
「現総理よりは誠実そうだから、何事にも真摯に対応してくれそう」(41・男性)
「お金にクリーンな印象がある」(57・男性)

 考えが論理的という声も。

「石破氏の考えは論理的であり議論をしても最中に興奮せず淡々と自分の考えを伝えるところがトップとして相応しいと考えます」(69・男性)
「誠実で聡明。安保問題にも精通しており、憲法9条の改正論議でも、至極真っ当な意見の持主。愛妻家である部分も、微笑ましい」(55・女性)

 ほかにこんな意見もあった。

「前は菅さんに1票だったが、桜を見る会の一件で幻滅した」(46・女性)
「人相は怖いですが1番、まともそうに見えます」(25・女性)

【2位 安倍晋三氏・4選 176票】

 過去に例のない国政選挙6連勝で1強を維持してきた安倍首相。その4選を支持する声は?

「強い日本を作れるのは彼しかいない。彼が首相になってから、日本の国際的地位が大きく向上したと思う」(53・男性)
「新しい首相を熱望しているが、代わりにできそうな人が見当たらないので、仕方がないと思う」(49・男性)
「今までころころ変わりすぎでした」(63・女性)
「現在の国防・外交における難局を乗りこえられるのは、この人しかいない」(72・男性)
「もやもやした問題点もいくつかあるが、総合すれば最も妥当ではないかと思う」(61・男性)
「河野大臣と菅官房長官にもしてほしい。けど安倍首相には今やろうとしていることをやりきってほしいのでもう少し続投してほしい」(34・女性)
「他にふさわしい人がいますか?」(51・女性)

 安倍首相が意欲を見せている「憲法改正」への支持も。

「このままでは憲法改正も拉致問題も北方領土も全てが中途半端に終わるから」(40・男性)
「憲法改正を実現させてほしい」(46・男性)
「憲法改正やるためにはやむを得ない」(63・男性)

 外交面での実績を評価する人も。

「拉致問題の進展に期待できる人は安倍氏の他には考えられない」(68・女性)
「ほかのだれがトランプ大統領や曲者ぞろいの隣国のトップと対等に渡り合えるのか?」(54・女性)
「最大の同盟国であるアメリカ大統領からこれほど一目を置かれた総理大臣は他に居ない」(60・男性)
「今は外交情勢が緊迫しているとき、安倍首相以外の人には任せられない」(70・女性)
「対韓国策をこのまま継続してほしいから」(51・女性)
 

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  8. 8

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。