記事

神戸教員いじめ事件 先生5人が消えた小学校、その後の難題

激辛カラーを食べさせた

 2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小学校の「教員いじめ」事件。20代の後輩教諭に“激辛カレー”を無理やり食べさせるなどした加害教諭4人は分限休職処分中。給与も停止され、間もなく神戸市教育委員会による懲戒処分が決定する。被害教諭は9月から休職。

「精神的に不安定な状態が続いたが、回復に向かいつつある」(代理人弁護士)。

 気になるのは、この事件で5人の“先生”が突然姿を消した学校の「その後」。

「問題発覚後、校門に警備員が配置され、公立小学校とは思えぬ物々しい雰囲気になった。代替教員も来たし、授業には影響がないと思うが、事件のショックで“学校に行きたくない”という子供が出ている」(東須磨小の保護者)

 神戸市教育委員会は、「10月からスクールカウンセラーを常駐させ不安の解消に努めている」というが、未就学児童の保護者は「あんな事件があった学校に通わされへんわ。お金はかかるけど、近隣の私立小学校への就学を検討してます」と、不信感を隠さない。

 加害教諭には刑事処分の可能性も残されているが、アトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹弁護士は「不起訴になる可能性が高い」と見る。ただし、民事裁判に持ち込まれた場合は、被害者から100万円を超える慰謝料を求められる可能性があり、「仮に『PTSDで就労不可』などとなれば、請求額が数百万円になることも考えられます」(同前)

 4人の加害教諭は重い代償を迫られることになる。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「東須磨小学校の教員いじめ問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    GoTo「東京外し」は憲法に抵触か

    青山まさゆき

  3. 3

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「なぜ不倫しないの」への答え方

    文春オンライン

  6. 6

    欅坂46なぜ改名? 平手一強の弊害

    文春オンライン

  7. 7

    藤井七段が最年少タイトルを獲得

    ABEMA TIMES

  8. 8

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  9. 9

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  10. 10

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。