記事

拡大する感染症に予防接種を【2020年を占う・医療】

1/2
予防接種のイメージ画像 出典:pixaboy

上昌広医療ガバナンス研究所 理事長)

【まとめ】

・地球温暖化とグローバル化の影響で感染症が拡大している。

・2020年の東京五輪でどんな病気が流行するかは予想もつかない。

・がん経験者など免疫力の低い人を優先的に予防接種を打つべき。

2020年の医療でもっとも注意すべき問題は感染症である。地球温暖化とグローバル化で感染症が拡大しているからだ。本稿では、この問題について解説したい。

米国では麻疹が流行している。ニューヨーク市は2019年4月9日、公衆衛生の非常事態を宣言した。対象地域に住み、感染する可能性がある人には予防接種を義務付け、従わなければ罰金を科すこととした。

欧州も同様だ。世界保健機関(WHO)によると、2019年年1〜6月に報告された麻疹患者は8万9,994人。前年の2倍以上のペースだ。WHOは、英国など4カ国を「麻疹排除国とみなせなくなった」との見解を表明した。

流行しているのは麻疹だけではない。世界では様々な感染症が流行している。例えば、日本脳炎だ。インドネシアのバリ島では2014~16年の間に408人の患者が確認されているし、インドのアッサム州では2010年に154人だった患者が、2014年には744人に増加した。

日本脳炎ウイルスを媒介する多くの蚊は塩分に対する耐性があるため、温暖化やそれに伴う海面上昇により、生息域を広めている。2006年以降、それまで報告されていなかった標高3,000メートル以上のヒマラヤ高原からも患者が報告されている。

ジカ熱の感染も拡大している。2019年11月にはフランスでジカ熱に感染した患者が報告された。この患者はフランス国外に渡航していないため、欧州で初めての国内感染と判断した。

海外との交流が加速すると感染症のリスクは高まる。既に日本にも、その影響がでている。それは2019年のインフルエンザ感染だ。

2019年は9月初旬からインフルエンザの流行が始まった。9月2日~8日の間の感染者数は、定点医療機関あたり0.77人で、前週から倍増した。大流行した2009年に次ぐ勢いだった。9月2日には東京都東村山市の中学校がインフルエンザで学級閉鎖となっている。

インフルエンザの流行は、世界中を「循環」している。日本の冬場に北半球、夏場に南半球で流行する。つまり、一年をかけて、北半球から南半球を「往復」する。

日本の夏場に、南半球ではインフルエンザが流行している。夏休みと言えば海外旅行だ。日本と南半球の国の交流は加速している。日本政府観光局によれば、2019年7~8月にオーストラリアから6万1,900人が入国している。対前年比7.4%の増加だ。

さらに2019年はラグビーワールドカップが開催された。南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなど、多くの強豪国が南半球に存在する。このような国から訪れた人の中にインフルエンザに感染していた人がいてもおかしくない。

今年のインフルエンザの流行は、過去10年で二番目に早く始まり、現在も続いている。もっとも早かった2009年は新型インフルエンザが流行した年だ。通常のインフルエンザでは最速ということになる。

2020年は東京五輪が開催される。ラグビーワールドカップとは規模が違う。世界各地から膨大な数の外国人がやってくる。どんな病気が入ってきて、どの程度、流行るかは予想もつかない

あわせて読みたい

「感染症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。