記事

【105カ月目の福島はいま】答えない、はぐらかす…2019年最後の福島県知事定例会見でも貫いた「内堀話法」。原発事故被害者に〝寄り添うポーズ〟は今年も健在

1/2
イエスかノーか。記者の質問には一切、答えない。原発事故に伴う問題に関する考えを問われても一切、答えない─。福島県の内堀雅雄知事は今年も、記者クラブとの定例会見で〝内堀話法〟を存分に発揮。肝心な質問には何も答えないまま、原発事故被害者の切り捨てを進めた。口では「福島には光と影の両面ある」と言いながら、実際には「影」は封印して「光」にばかり言及している。来年は東京五輪の聖火リレーや野球・ソフトボール開催で「原発事故から立ち直った福島の姿」を世界に発信したい内堀知事。水害被害も含めて「影」はますます封じ込められていく。


【何度尋ねても答えない内堀知事】

 12月23日午前10時から開かれた2019年最後の定例会見は、今風に言うと〝プチ炎上〟状態だった。いつもは予定調和を重視する県政記者クラブだが、この日は朝日新聞や河北新報の記者がそれを許さなかった。司会役の広報課職員が「時間の関係もありますから」と何とか質問を遮ろうとしたが、納得するまで尋ねるのは記者としては当然だ。口火を切ったのは朝日新聞の記者。2020年3月にJヴィレッジからスタートする聖火リレーのルート選定に関する質問だった。

 「このルートが『福島の今』を伝える手段として最適だと思いますか?知事の言う『影』とは今回のルートのどこにあるのでしょうか?」 

 しかし、内堀知事は用意した答えを棒読みするばかり。「東日本大震災からの復興のシンボルであるJヴィレッジをスタートし、復興に向けて挑戦を続ける福島の姿や魅力を広く発信することができるルートだと考えております」。これでは記者が納得しないのも当然だ。「『今の福島』を伝えるのに最適だと思いますか、あるいは知事のおっしゃっている『影』とはどこにあるのですかという質問だったのですけれども」と再質問した。

 内堀知事は「はい」と大きくうなずいたが、質問に正面から答えなかった。

 「今回の聖火リレールートの受け止め方、いろいろな御意見もあろうかと思いますが、市町村自身の想いも大切にしながら、決定させていただいております」

 賛否を明らかにしないのは内堀知事の常だ。それは、次の質問でも同じだった。

 「そもそもこのオリンピックについて、安倍首相は2013年9月に situation is under control つまり『原発はアンダーコントロールだ』という言葉を使ってオリンピックを誘致しました。福島県知事として今、原発は『アンダーコントロール』だと思いますか?」

 これにも的外れな答えに終始した。

 「福島第一原発の廃炉対策が福島の復興にとって極めて重要であります。私自身が毎年のように原発へ伺って、一年一年で進展した部分も見ておりますし、一方で御承知のとおり、燃料デブリの対応や汚染水対策など、まだまだ解決しきれていない、あるいは今後の展望が明確でない廃炉対策の部分が残っていると思います」

 記者は当然、こう続けた。

 「質問は『アンダーコントロール』と思うかどうかだったのですが」

 うんざりしたのだろうか。内堀知事はやはり得意のフレーズで質問を切り捨てた。

 「ただいま申し上げた通りでございます」

 記者は「『アンダーコントロール』だと思わない?」と畳み掛けたが、内堀知事は司会役の広報課職員の方に顔を向け、察した職員が次の質問に移した。まさに阿吽の呼吸だった。他社の記者は沈黙を貫いていた。


定例会見でフラッシュを浴びる内堀知事。知事自身、光を浴びれば影が生じる。定例会見では「知事に就任して以降、常に福島県が抱えている『光と影』の両方を正確に発信することに意を砕いてきた」と述べたが、実際に発信されるのは「光」の部分ばかりだ=2019年12月23日、福島県庁で撮影

【「光」ばかりの聖火リレールート】

 「福島の光と影」は内堀知事の常套句だ。初当選後の2014年11月12日午後に開かれた会見で、「自主避難」という言葉も交えながら次のように述べている。

 「依然として、福島県は原発事故が収束したとは言えない状態です。避難地域が現実にあって、ふるさとに帰れない方がいる。あるいは自主避難という意味で、色々な御苦労をされている方もいる。そして、色々な産業の受けた傷が完全に癒え切らない。こういった影の部分と、それからプラスの部分では、この3年8カ月で福島県に色々な拠点が出来たり、あるいは産業の再生も一定程度は出来たり、あるいは、原発事故後、完璧ではありませんが、ある程度出来たところもあるとか、この『光と影』を両方を正確に知っていただく努力ということを、私自身したいと思っております」

 今年3月25日の会見でも「県内各地を聖火リレーで回っていただく中で、福島県の復興が進んだ『光』の部分と、一方で、『まだまだ難しい課題を抱えている』、『二度とこのような原発事故を起こしてはいけない』あるいは『自然災害への防災・減災を、日本はもとより世界各地でも取り組んでいかなければいけない』という情報発信ができれば」と語っている。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。