記事

歴史作家が選ぶ2019「歴史の新発見」重大ニュース 世界史編

 遺跡での新発見や遺物の科学鑑定など、実は歴史研究は日進月歩の世界である。世界史にまつわる2019年の新発見から、歴史作家の島崎晋氏が「重大ニュース」を厳選した。

 * * *

◆古代マヤ文明 「温厚説」を覆す「戦争の証拠」

 中米に栄えた古代マヤ文明のなかでも紀元3世紀中期から10世紀中期までは古典期と呼ばれる。古典期の大半は戦争が儀式化しており、敗れた側の王族の連行や象徴的な建物が解体されることはあっても、一般人を含めて大量の死傷者が出ることはなかったと言われてきた。そして従来、古典期末期にマヤ文明が衰退した要因は、旱魃にともなう食料不足の結果として王国間の戦争が激化したから──とされていた。

 ところが、米地質調査所(USGS)の古気候学者デビッド・ウォール氏は今年8月5日付けの学術誌『Nature Human Behaviour』に、従来説とは異なる新説を提示した。ウォール氏が中米グアテマラ北部のラグナ・エクナーブという湖の堆積物を分析した結果、焼き討ちをともなう激しい戦争は旱魃に関係なく、古典期前期から頻繁に起きていたというのだ。

 この説に間違いがなければ、マヤ文明は当初から戦闘的な性格を有していたことになり、従来の牧歌的なイメージは修正を迫られるだろう。

◆バビロニアのエルサレム征服──『聖書』の証拠を発掘

『旧約聖書』の記述は歴史ではなく、ほとんどが神話──そうした見方に一石を投じる調査結果が8月に公表された。

 発掘に当たったのは米ノースカロライナ大学の研究チームで、場所はエルサレム旧市街の南西隅にあるシオンの丘。研究プロジェクトの共同責任者を務める考古学者シモン・ギブソン教授は、そこから灰の堆積物や矢尻、壊れた壺、照明器具に加え、房飾りかイヤリングとみられる宝石類が発見されたことに着目した。

 矢尻はバビロニアの戦士が使っていたタイプのものだった。また、金の宝石を捨てたり、矢尻を家庭ごみに出したりする人はいないとの理由から、ギブソン教授は何らかの破壊行為があったと結論付けた。地層の年代からすると、これこそが『旧約聖書』に記された新バビロニアのネブカドネザル2世によるエルサレム征服時の痕跡に当たるという。聖書の記述に歴史的事実がベースになった部分がある、というのがギブソン教授の見解である。

◆アメリカ独立戦争で騎兵隊を率いた将軍は女性だった

 アメリカ独立戦争(1775-1783)の勝利は、反イギリスの立場から本格派兵したフランスやスペインに加え、ヨーロッパ中から参集した多くの義勇兵の支援に拠っていた。陸軍総監として素人の寄せ集めをプロの戦士集団に鍛え上げたプロイセンの陸軍大尉フレデリック・シュトイベンや、ポーランド出身で騎兵隊の指揮官を務めたカジミール・プラスキ将軍の名がよく知られている。

 4月に放映されたアメリカのケーブルテレビのドキュメンタリー番組で、プラスキ将軍が女性だった可能性について言及された。将軍の遺骨は米南部ジョージア州サバンナにある記念碑の下に納められていたが、移設が決まったのを機に再調査を実施したところ、その骨盤は明らかに女性のものだったというのだ。兄弟の孫娘のミトコンドリアDNAとも一致し、負傷個所やその他の身体的特徴も一致することから、遺骨が当人のものであることは間違いないという。

 調査にあたった研究者たちは、彼女は生まれたときから男性として育てられ、自身も性別を意識することなく成長したのではないかと推測している。

◆19世紀の連続殺人犯「切り裂きジャック」の正体特定か

 DNA解析技術の向上は多くの未解決事件に光を照らしている。1888年の8月から11月の間に少なくとも5人の売春婦を惨殺し、英国ロンドンを恐怖のどん底に陥れた連続殺人犯「切り裂きジャック」について、3月、医学誌『Journal of Forensic Sciences』に掲載された法医学調査報告書で衝撃的な結果が発表された。当時23歳だったポーランド人理髪師アーロン・コスミンスキーが犯人だというのだ。

 コスミンスキーは犯罪歴と精神病歴があり、ひどく売春婦を憎んでいたことから、事件当初から容疑者として浮上していたが、決定的な証拠に欠けるため逮捕には至らず、1919年に強制収容先の病院で死亡していた。

 今回決め手となった証拠は、4人目の被害者の近くに落ちていたショールに付着した血液と精液だが、これに関して早くも疑問の声が挙がっている。そのショールが被害者のものとは限らないことに加え、鑑定に用いられたミトコンドリアDNAでは個人の特定には至らないというのがその理由。真相の解明はまだ先になりそうである。

 世界史をめぐる2019年の新発見は、科学の進歩を実感できる年でもあった。DNA解析技術の向上に加え、ドローンや衛星からの観察が発見につながったケースも多い。2020年には同様の発見報告がさらに増えることだろう。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。