記事

65%のヤクザが「ある」、芸能人やスポーツ選手との交流

山口組総本部に家宅捜索に入る警視庁と静岡県警の捜査員(写真/共同通信社)

ヤクザ世論調査の結果は?

 2019年は芸人による“反社”への闇営業問題がしきりと取り沙汰された。果たしてヤクザはどれほど著名人との接点があるのか。ヤクザ事情に詳しいフリーライター鈴木智彦氏が、山口組を含む現役組員100人にアンケート調査を実施した。

【ヤクザ100人調査の結果】著名人との付き合い、安倍政権への不満など

 * * *
◆Q 芸能人やスポーツ選手との交流はありますか?

ある:65人
ない:35人

 2019年は芸人の闇営業が問題になったが、今でもヤクザと有名人との交際はなくなってはいない。

「こんな時代だけど、親分が贔屓にしていた相撲取りや野球選手から、『近くに仕事に来ました』と電話が来ることはある。飯を食わせろ、小遣いをくれ、女をあてがってくれということ。多少なら付き合ってやりたいが、もし写真を撮られたらあっちが困る」(独立団体最高幹部)

 なんとも優しき気遣いだが、それは著名人にはアクセサリーという利用価値があるからだ。半面、落ちぶれた芸能人ならともかく、人気絶頂のスターが暴力団と付き合えば、デメリットしかない。芸能界と蜜月関係にあった名残は、いまだあちこちに残っているが、時間が経てば次第にさび付き、朽ち果てるに違いない。

●調査・文/鈴木智彦(フリーライター)

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  4. 4

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。