記事

超高速化する情報社会で、人間はどこまで摩耗せずに闘い続けられるか問題

2/2

●超高速情報化社会、スローorフルスロットル?

情報化社会が進展したこの20年。

インターネットは社会を良くすると信じてきたけど、実際にはそうではなかった。溢れる情報は格差を生み出し、ポピュリズムやフェイクニュースを生み出した。

という反省から、宇野さんたちは最近「遅いインターネット」を提唱し、スローながら上質な情報と言論空間を提供することを目指しています。

それは絶対に必要なことなので、ぜひやっていただきたいし応援していくのですが、一方で情報の超高速化の流れは止まらない。むしろ、5Gの世界で加速していく。

ならば「スロー」な空間を作って戦う人が必要な一方で、その超高速社会にひたすらついていってバトルする人材も必要であろう…と。

ハイスピード化したネット言論空間の中で、いかに速度と質の双方を担保して正しい情報を出し続けるか、フェイクニュースを打ち返し続けるか。

そのあたりが、「ネット時代の鬼っ子」として政界に送り出していただいた、私の存在価値なのかなーとぼんやり感じた次第です。

すり減って私のバイタリティ・政治生命が尽きるのが先か、社会がより良く変化するのが先か。

そういう勝負を仕掛けていく令和時代にしたいなあと思います。

とまあ、個人的にも非常に大きな刺激をいただいた2時間でした。香港で活動するアグネスさんとも初めて交流できて満足。

香港情勢や民主主義など、多岐にわたった議論は「PLANETS CLUB」に入会すると過去動画が御覧いただけるようなので、ご興味ある方はぜひご検討下さいませ。

PLANETS CLUB 宇野常寛と「価値」をつくるコミュニティ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/65828?utm_source=hp&utm_medium=banner&utm_campaign=PLANETSCLUB

主催者・運営者の方々、ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

それでは、また明日。




音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に!ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「情報化社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。