記事

山本彩、音楽と真正面から向き合った2019年を振り返る

4/4

この1年の活動を通じて感じた「自分らしさ」とは?

―この1年の活動を通じて感じた自分らしさとはどういうものですか。

ボーカル的なところで言うと、自分で歌っていて気持ちがよくて、聞き手の気持ちを惹きつけられるのは中音域の声だと思うので、そういうものをいかに曲に取り込めるかっていうことは考えています。だけど、最近はあまりそういう面が曲に出ていなくて……まあ、あえて出していないんですけど。実際、「追憶の光」は1曲丸々、自分にとって心地よいキーではなかったりして。でも、この曲の高音をいいと言ってくださる方もいるし、人からいいと言ってもらえるところを自分らしさにしていけたらいいなと思います。

―あえて得意の音域を外したメロディに挑戦した理由はなんですか。

自分が歌うときにどう感じるかも大事なんですけど、曲としてどうかというのも大事で。なので今は、「歌いやすいのはこっちだけど、曲として選ぶならちょっとしんどいけどこっちだな」っていう選択をするようになっています。そうすることで実際に歌うときに後悔するんですけど(笑)、曲を押し上げる意識は高くなっていると思います。

―どちらに寄せるかという判断は難しいですね。

最終的には自分で決断しているので妥協はしないんですけど、最悪、ライブではキーを下げて歌うこともできなくはないし、それよりも音源として一生残ることのほうが大きいので、そういうことも踏まえた上でどちらが大事か今後も判断していきたいです。

―「棘」なんてまさに山本さんの声に合ってると思いますよ。

ええ~、めちゃくちゃうれしいです。

―この曲はやっぱり思い入れがありますか。

そうですね。歌詞とかサウンドを通じて、ソロになった山本彩という人間のなかにあるものを出していますけど、まだあまり出し切れていない部分があったことに歯がゆさを感じていたので、それがこの曲で発散できたと思います。

―自分のなかにある感情を生々しく吐き出すスタイルは山本さんにすごく合うと思います。

生々しい人間臭さが共感されたり、そういう感情に寄り添う人がいるのかなと思うし、そうすることで自分の救済にもなるので、今後もどんどんしていきたいと思います。

―今後、伝えていきたいメッセージはありますか。

人の数だけ違う考え方があるということを伝えていきたいし、自分がマイノリティだと感じている人たちの救いになるような言葉を投げかけていけたらいいなと思います。

―まだライブに慣れたとは言えない状況だと思いますが、ツアーの規模はどんどん大きくなっています。来年から始まるホールツアーはどう臨みますか。

素直にすごく楽しみです。今年のツアーでだいぶ見えてきたものがあるし自信にもなったので、2、3年前にホールツアーをやらせていただくことが決まったときよりもだいぶポジティブな気持ちで臨めると思います。

―ところで、今年観たり聴いたりしたなかで一番インパクトがあった音楽はなんですか。

一番聴いたのは雨のパレードさん。

―へぇ~、意外!

そう、ですよね(笑)。「feel the night」でご一緒したKai TakahashiさんのLUCKY TAPESさんと対バンされていたときに初めて観させていただいて、演奏、曲、MC……全部がよかったなと思って。それをきっかけに曲を聴き漁ったら全部よくて。サウンドが特に気に入っていて、今年一番ハマったバンドです。

―さきほど、後輩の卒業公演にサプライズ出演した話をされていましたが、山本さんを目標としてNMB48で頑張っている子もけっこういるんですか。「いつか卒業したら山本さんみたいな活動をしたい」と思っていたり。

私みたいにと思ってるかどうかはわからないですけど、弾き語りを始める子が増えたり、そういう意思を公にするようになった子がNMB48では目立つようになったと思います。そういう子たちがライブを観に来てくれたりして。これまでは音楽方面の志を持つメンバーがいなかったので、そういう道に目覚める子が増えたらいいなと思いますし、自分がちゃんと結果を残して、そういう道を目指しやすいようにしていかないとなと思っています。

<INFORMATION>
『α』
山本彩
ユニバーサル ミュージック
発売中

<初回限定盤>


<通常盤>

あわせて読みたい

「ロック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。