記事

山本彩、音楽と真正面から向き合った2019年を振り返る

1/4
山本彩(Courtesy of UNIVERSAL SIGMA)

取材場所に現れた山本彩は、前回対面したときとは明らかに違っていた。こちらが心配になるぐらい表情が硬かった9カ月前に比べ、だいぶリラックスした面持ちだったのである。彼女がはっきり言葉にすることはなかったが、それなりに満足できる結果をこの1年で残せたという充実感、または安心感のようなものが見てとれた。

山本は今年、「イチリンソウ」「棘」「追憶の光」といった多種多様なシングルを立て続けに発表し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」をはじめとした大型フェスにも出演。積極的に”新人・山本彩”をアピールした。

シンガー・ソングライターとして活動を始めてから初となるアルバム『α』は、そんな2019年の活動の総決算的な作品となった。既発曲に新曲3曲を加えた今作のリリースを控えた今、彼女は何を思うのだろうか。

―今年の春に他媒体のインタビューでお会いしたときに比べると表情がだいぶ柔らかくなって、肩の力も抜けていますね。あのときは緊張していましたか。

していたと思います。あの頃はまだユニバーサルさんにお世話になるようになって間もなかったし、新しい環境にもまだ慣れてなくて、右も左もわからないっていう感じだったので。今はだいぶわかってきました。

―新たな活動を始めるとなると、インタビューでも「いったい何を聞かれるんだろう……?」って不安になりますもんね。

そうですね(笑)。

―ちなみに、今の活動とそれまでのグループでの活動と何が違ったんですか。

全部違いました。これまでは音楽だけのことを考えて制作したりツアーをすることがなかったし、前はグループの一員として自分の周りの人間やグループのことを考えていたので。

―元旦に自らの髪を切る姿を収めた衝撃的なアーティスト写真を公開してから1年が経とうとしています。今年を振り返ってみていかがですか。

めっちゃ早いですね。先日、(NMB48の)現役メンバーの卒業公演にサプライズで出させてもらったんですけど、8年間も立ち続けた(NMB48劇場の)ステージとは思えないぐらいアウェイな感じがしたし、実際、公演の生配信を観ていたファンの方が書いてくださった「劇場が似合わなくなったな」っていうコメントがすごくうれしくて。この1年でそれだけ自分が変わったということだし、アイドルからシンガーソングライターにちゃんとなれているのかなっていうことを実感しました。

―それは今、取り組んでいる音楽のスタイルのせいというより、山本さんの意識の変化がそう感じさせたんでしょうね。

ああ、そうなんですかねえ。

―たとえ鳴らす音楽が変わっても、意識が変わらなければファンに違和感を覚えさせるほど明確な変化は現れないと思うんです。

この1年で、グループにいたとき以上の自覚と責任が生まれたのでそれはあるかもしれないです。

―今年は様々なフェスにも出演しましたね。

ロッキン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)はソロとして最大規模のステージだったんですけど、満員に近いぐらい集まってくださって、ちょっと興味がある程度でもそれだけの人が来てくれたことはすごくありがたかったですし、そこから曲に興味を持ってくれたりしたのでそれはいい傾向だと思います。

―「これまでいくらでも大舞台に立ってきてるんだから、どんなステージでも堂々とパフォーマンスできるだろう」と思っている人も世間には多いと思いますけど、それは大間違いですよね。

大間違いです(笑)。規模とか場所は関係なく緊張はするし、いつもそれだけ意気込んではいるので……大間違いです!

あわせて読みたい

「ロック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。