記事

守れ。葛西臨海水族園【第5章】小池知事驚愕発言「結婚式場」に?!

1/2
お姐発「守れ。葛西臨海水族園」アクションが功を奏して、地元江戸川区、都庁関係者、建築家業界はもとより、全国的に「え?壊すの?ありえない…」という大きな反響が広がってきております。12月23日に、異例の記者席、傍聴席も満席の中第4回葛西臨海水族園事業計画検討会が開催されました。なんと、副座長はじめ5人もの委員が欠席。欠席される委員の中には、既存施設(谷口吉生氏設計葛西臨海水族園本館のこと)のことを度外視して話を進めることを指摘し、文化的価値を再評価すべきだという文書を提出された方もいましたが、都庁官僚の口車にのった決断をすることへの良心の呵責か、闘う勇気から逃亡されたのでしょうか? 

案の定、これまでいくら既存施設の長寿命化をうったえても無視され、反映されず煮え湯を飲まされ続けてきた複数の委員から

「本館から水族園機能を奪うべきではない」

「本館をどうするか除外しての計画はおかしい」

「あらためて、既存施設をどうするか検討項目にいれて議論すべきだ」

等の意見が出て、それに難癖つけて、役所の味方をする委員もおり(←この人環境デザインの教授らしいけれどホントに建築を愛してるの?!)、検討会は大紛糾。

とにもかくにも、これまでのように委員の意見を無視することなく、今後事業計画案を作成するときは必ず、全ての委員の確認をとってからコトを進めること。

既存施設について、改めて検討項目に加えて新たな議論を重ねていくこと。

を双方確認して終わったのであります。

都庁官僚の目論見としては、シャンシャン総会ならぬ、アリバイ委員会で、うるさい委員の話を聞くのもシカトして、資料を作るのもこれで最後…あ・と・は・壊すだけ…とシメシメと役人も、そのボスである小池知事も思っていたことでしょう。

しかし、大相撲宜しく千秋楽になって、良識とノブレスオブリージュのアクションが大金星となって東京都にとって想定外の事態となったのであります。

【大手メディアがこぞってとりあげる】

お姐も何度か傍聴に行った葛西臨海水族園にかかる検討会は、それまでは閑散とした中で行われていました。

しかし今回は、まるであの豊洲の100条委員会並みの熱気に包まれ、これはただでは終わらない何かが始まる予感を感じたのです。

そう、猪瀬元知事、舛添元知事らが、ちょっとしたアクシデントから、あれよあれよとに事件になり失墜していったような。

国政政党の野望に“希望”を託した小池知事の希望の党が、たった一言の「排除」発言で失墜したような…。

あの時の予感?予兆?言葉にできない肌感覚が重なったのです。

この手の一見地味な、しかもある意味、江戸川区葛西というローカルなテーマの行政委員会を、業界新聞は取り上げることはあったとしても、なかなか耳目を集めることもなかったのに、なんと天下の?!NHK夕方ニュース番組報道となったのです。

都立葛西臨海水族園の建て替えで議論 保存を求める声も NHK
「東京工業大学の安田幸一教授は「既存の施設を利用して長寿命化していこうという声が多い中、新しい施設に移ったあと、既存の施設の活用法を考えるという意見に終始しているのは問題だ」と話していました。」

葛西臨海水族園 取り壊しに反対意見 FNN
「23日の検討会では、建物の取り壊しに反対する意見などが出された」

葛西臨海水族園の新しい姿の概要示される 朝日
「委員の一部からは世界的建築家が設計した現施設の保存活用を求める声が上がっている。」

【委員の発言を無視して事業計画を強行発表】

こうした報道がなされている中、昨日突如としてお姐のところに、東京都建設局公園緑地部再生計画担当課長から、事業計画案が完成したのでプレス発表をすると連絡が来たのです!
そこでお姐は、

「既存施設の取り扱いについて、全く触れられておらず、新規施設ありきの事業計画案になっており驚愕いたしました。
本館施設を利用しないという前提は確定していなかったはずで、到底納得できる内容ではありません。
事前に委員の全ての先生にお見せしたのでしょうか?
中身を必ず確認させて欲しいという意見があり、座長もそうされると答えてました。
少なくとも委員の先生方のご意見を聞いてから進めて下さい。」
とプレス発表をやめるよう強く要請したのです。

しかしながら、都庁官僚暴走列車は進むよどこまでも。予定通りごご3時に
「「葛西臨海水族園の更新に向けた事業計画(素案)」の公表及び都民意見の募集について」
とシレっと公表したのであります。座長に一任したから公表して良いのだという担当課長の弁明ですが、お姐は委員会を傍聴してるわけで、委員は座長に一任してないことを目の前で確認してるんです。 各委員へ報告書案を提示して、さらにその意見を反映することを約束していたはずなのです。その後調べたところ、委員に素案の中身が提示されたのは、一昨日の午後であったことが判明。訂正を促すいとまも与えないファクトをつかみました。
つまり、委員からの意見を反映する前にまとめられた報告書案であることに間違いないということです。こんな乱暴なやり方で作った素案、それをもとにパブリックコメントを募集することは、国際都市東京において、ありえない暴挙なのです。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。