記事

【急成長マリファナ】、アメリカ最大の百均チェーンも大麻抽出CBD製品の販売を拡大!


■44州に1.6万店のダラーストアを展開するダラーゼネラルは10日、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使用した製品をテネシー州とケンタッキー州にある20店舗で販売を始めることを発表した。

大手チェーンストアが大麻成分を含むCBD製品の流通拡大させていることでCBD市場が急成長しているのだ。

ダラーゼネラルが扱うCBD製品は軟膏やクリーム、様々なソープとなるボディケア用品などで価格帯は7〜20ドルとなる。サプリメントなどの食品は扱わない。

ダラーゼネラルでは来年の春までにはCBD製品をテネシーやケンタッキーの2州に加えて、テキサス州やフロリダ州の7つの州でも販売を拡大し1,100店で取り扱うとしている。

なお大麻の茎や種子に含まれるCBDは、大麻のもう一つの成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)と作用が異なり、精神を活性化する作用はなく、ハイになるなど幻覚作用はない。

CBDは不安や痛み、不眠、炎症、さらにはガンにまで効果があるなどとうたわれてはいる一方、信頼のおけるリサーチはほとんど行われていないという。

 CBD製品は今年、販売を開始する大手チェーンストアが次々に現れて、雨後のたけのこの状態となっている。

ドラッグストアチェーンではウォルグリーンやCVS、ライト・エイドがCBD製品の取り扱いを始め、スーパーマーケットでは最大手となるクローガーもCBD市場に参入を果たした。

アマゾン傘下のホールフーズ・マーケットも4分の3となる359店(29州)でCBD製品を扱っているのだ。

サプリメントを販売するチェーンのGNCやビタミンショップ、ティーンアパレルのアメリカン・イーグルやアバークロンビー&フィッチ、美容のアルタ・ビューティなどもCBDを含む外用薬を取り扱い始めており、コスメチェーンのセフォラやアルタでも30〜60ドルの価格帯でオイルやローションなどの製品の販売を開始している。

チェーンストアが扱うCBDは外用薬なのだが、マットレスのオンライン販売で急成長しているキャスパーは、CBDを含んだ睡眠用グミの販売を始めた。

キャスパーが扱うCBDスリーピング・グミはプラス(PLUS)で、メラトニン1mgとCBD25mgを含んでおり14個入りで35ドルとなっている。

 CBDがブームになっている一方で食品医薬品局(FDA)は先月25日、CBD食品に関する新たなガイドラインを明らかにした。

FDAはまた「CBD食品の安全性について科学的な根拠が不足しており、安全性を裏付ける確証がまだできていない」としCBDメーカー15社に違法販売しているとの警告書を送ったことを公開したのだ。

 FDAは研究不足としてるもののCBDの販売を開始する大手チェーンは今後も拡大していくだろう。ウォルマートやターゲットでもいずれ競合に押される形でCBDに手を付けることになるのだ。

トップ画像:22州に340店を展開するスプラウツ・ファーマーズ・マーケットのサプリメント売り場にあるCBDコーナー。入り口近くの目立つ場所になるエンド陳列で「CBD塗り薬(Topical CBD)」に「今流行っています!(Trending Now!)」とあり、売れ筋であることがわかる。他のお店でCBDクリームを買いに来たお客さんに聞くと、首や肩、腰の痛みに効くと言っていた...

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。日本では確か、大麻の研究さえも違法としていたはず。科学的に研究さえ進めることができないのは日本にとってマイナスです。後藤はマリファナの合法化には慎重派でありますが、研究さえ放棄しているのはどう考えてもおかしい。いまのところ「大麻=悪」はバカの壁であり、思い込みでしかありません。

なぜ悪なのかを科学的に追求していくのは必要でしょう。何度か書いているようにマリファナがダメなら、タバコも禁止にしてもらいたいと思っています(愛煙家の方、申し訳ございません)。

タバコを吸うことは本人だけでなく、吸わない周りの人にも肺がんなどの健康被害を引き起こすことはよく知られています。それなのになぜ放置するのかと。まぁ既得権益の問題が複雑に絡んでいるので、動けないのでしょうけど。ならば大麻も徹底的に研究して世界に先駆けて、有害物質を特定してもらいたいものです。言い換えれば身体に無害・健全となる物質も明らかにできるわけですから。

 いずれにしてもアメリカでは大麻抽出のCBD製品がコンビニで売られる日も近いですね。

あわせて読みたい

「CBD」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  3. 3

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  4. 4

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  5. 5

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  9. 9

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  10. 10

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。