記事

山口組分裂抗争は激化するか? 現役組員100人の見立ては

山口組総本部に家宅捜索に入る警視庁と静岡県警の捜査員(写真/共同通信社)

ヤクザ世論調査の結果は?

 ヤクザ事情に詳しいフリーライター鈴木智彦氏が、山口組を含む現役組員100人にアンケート調査を実施した。3つに分裂した山口組が一触即発の緊張感のなか、質問をぶつける作業はしんどい作業だったというが、同氏は今後の抗争の行方について見解を聞き出した。

【ヤクザ世論調査結果】分裂抗争への思い

 * * *

◆Q:山口組分裂抗争は激化すると思いますか?

はい:33人

いいえ:21人

回答できない:46人

「これだけの死者が出た以上、しこりは消えない。時間が経てばいずれ再統合という話にもなろうが、そう簡単にはいかない」(広域組織幹部)

 暴力団の多くは、もはや山口組の抗争は後戻り出来ない状態に進んだとみている。これ以上の喧嘩にはならないという意見は、「そろそろ警察が介入する。これ以上強硬姿勢を続けていれば難癖を付け、警察は山若頭を再び逮捕しかねない」(独立組織最高幹部)といった理由である。

 六代目山口組、神戸山口組、任侠山口組の組員総数は、暴力団総数の実に過半数を占める。火の粉を浴びないよう細心の注意を払っていても、山口組という巨大なコングロマリットの分裂抗争は、他団体に大きな影響を与える。今回、他団体の多くが対外的な取材に答えないよう組員に厳命していることが分かった。

 警察や他団体に内情を知られるわけにはいかないため、事件の詳細を明らかにしないという特殊な事情もある。

「自分たちの組の上の人間からまったく説明がない。何があったか知りたければ週刊誌を読むしかない。今はネットで即時に情報が流れるが、その分ガセが多い」(関西独立組織幹部)

 噂に一喜一憂していれば、いつか情報操作に振り回される。暴力団にとってネットの普及は諸刃の剣だ。

●調査・文/鈴木智彦(フリーライター)

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「ヤクザ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。