記事

立花孝志N国党首「YouTube収入はゼロになったけど…」

「ハカですか? ラグビーは観ないからなあ」
 そう苦笑しながら、力強くポーズを決めた「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志氏。2019年7月の参院選挙、比例代表で約99万票獲得、1議席を得て議員になるも突然辞職した。

「ふわっとした支持層は離れたと思いますが、想定内。2%のコアな支持者は、ずっと応援してくれています。

 ただ、参院選で知名度は倍増しましたが、選挙での得票率は2倍にならず、横ばいだったのが少し意外でした。僕が、かつての同僚議員に脅迫で訴えられ被疑者になったことも、マイナスになったかもしれません」

 悔しそうに語る立花氏が見据えるのは、「2020年早々にある」と予想する、衆院の解散総選挙。ホリエモンこと、堀江貴文氏(47)にラブコール中だ。

「僕は出ないつもりです。だって、知名度がある堀江さんに出ていただければ、僕が出る必要はないでしょ(笑)。具体的な動きはまだですが、堀江さんの秘書さんには、比例北関東ブロックのトップに立っていただく予定ですよ」

 月収1000万円超えで話題になった「YouTuberの収入」は、どうなったのだろう。

「ほぼゼロ(笑)。閲覧数は少し減った程度ですけど、政治的な活動が目立っているからなのか、『広告掲載に適さない』と判断されてしまい、一般企業からの広告収入がなくなりました。これからは講演など、リアルな活動をします」

 最後に、立花氏が考える永田町の “ブラック” な人物は。

「立憲民主党の枝野さん。2年前は “ひとりぼっちで戦うヒーロー” だったのに、いまは野党共闘を言う。政治家としてブレているし、民主党時代の公約破りも、謝っていないですから」

(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)

あわせて読みたい

「立花孝志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  4. 4

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  5. 5

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  6. 6

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  7. 7

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  8. 8

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。