記事

「こんなに優しくされたことなかった」京アニ事件容疑者の一言が示す深すぎる闇 極限状態にあったとき、私も家族を殺そうと思った - 吉川 ばんび

「名言」というわけでは決してないのだけれど、はいそうですか、と聞き流していい言葉でもない気がしたので。

 2019年7月、アニメ製作会社「京都アニメーション」が襲撃され、社員36人が死亡、33人が負傷する事件が発生しました。事件後、青葉真司容疑者自身も重篤な状態にありましたが、現在は一命を取り留め、快方へ向かっているといいます。


事件直後の現場 ©吉田暁史

何とも言えぬような、暗澹たる気持ちに

 そして11月。京都新聞が報じたのは、青葉容疑者が大阪から京都の病院へ転院する際に、治療に携わったスタッフに述べた「感謝の言葉」でした。

「人からこんなに優しくしてもらったことは、今までなかった」

 この言葉を耳にしたとき、何とも言えぬような、暗澹たる気持ちになりました。念のために言っておくと、私には青葉容疑者を擁護する気はもちろんないし、彼の不幸な生い立ちが凄惨な事件を引き起こしたとか、そんなことを言うつもりもなければ、思ってもいません。青葉容疑者が送ってきた人生を振り返り、何が事件に繋がったのかを憶測で語るつもりもありません。明確な殺意のもとに多大な犠牲者を出してしまったのですから、彼の犯した罪は、到底許されるものでは決してないでしょう。

 しかしながら、今後、二度と同じような事件を招かないためには、結果的に事件につながりうる要素はすべて拾い上げて、まじまじと見つめ直す必要があると思うのです。

浮き彫りになった「地域社会」の重要性

 今年、様々な事件を通して改めて感じたのは、失われてしまいつつある「地域社会」の必要性でした。

 犯人の素顔を報じるニュースでは「引きこもり」「家庭内暴力」「子供部屋おじさん」などの言葉がたびたび使われていて、中には「引きこもりは犯罪者予備軍だ」といった偏見を助長しかねないものもあり、識者たちが行きすぎた表現に歯止めをかけようとする動きも見られました。

「自分もそうだ」という声がネット上で次々とあがった

 孤立しがちな現代社会において、他者とのつながりは、命綱としての役割をになうものです。ここでいう「孤立」は必ずしも「引きこもっている人」だけではなく、「他者との関係が希薄な人」も含んでいます。会社や学校など、何らかのコミュニティに属していても、誰にも心の内を明かせなかったり、助けを求められない人は数多くいます。彼らは、どんなに苦しくても「社会からはみ出してはならない」と、ボロボロになった心と体を繕いながら生きています。

 青葉容疑者の感謝の言葉が報じられたあと、「自分もそうだ」という声がネット上で次々とあがったことなどからも分かるように、「人から優しくされたことがない」と感じている人は、決して稀有な存在ではないと思うのです。

 心身の異変に気付くことができないほど弱り切っているとき、人の目に触れる場所に自分の身を置いておくことは非常に重要です。精神がすり減って判断能力が低下したり、物事の分別がつかない状態に陥ると、人は思ってもみない行動に出ることがあるからです。

私たち家族は孤立無援だった

 極限状態にあったとき、私は家族を殺そうと思ったことがあります。家庭で毎日のように暴力を受けていた10代の頃、私には頼れる人が誰もおらず、外部に助けを求めることもできませんでした。私と同じように、何年も継続的に殴られていた母は精神が不安定で、働いても働いても金をむしり取られる生活に疲弊していました。私が幼い頃から家庭は正常な機能を失っており、家から逃げるのに必要な経済力もなければ、長期的な目線で問題解決に取り組むだけの余裕や決断力すらもなくなっている状況でした。

 そもそも私たちは、自分が置かれている環境や精神状態が異常であることにも気が付いていませんでした。さらに私たち家族は孤立無援であったため、周りには私たちのことを気にかけたり、異変に気が付いてくれる人はいなかったのです。

 そんな生活を十数年続けた頃、私は家族を殺すべきかどうか、真剣に思い詰めるようになりました。それまで、家庭でのできごとを誰かに相談したことは一度もありませんでした。相談したことが家族の耳に入れば、今よりもっとひどい目に遭うと分かっていたためです。

いつしか「何をやっても無駄だ」と絶望

「そのうち、きっと暴力はなくなるだろう」と思ってあれこれと試行錯誤をくりかえしても、状況はよくなるばかりかますます激化するだけで、いつしか「何をやっても無駄だ」といった絶望感に苛まれるようになりました。母とは何度か「もう、殺してしまうしかないんじゃないか」と話をすることはありましたが、最後にはいつも「自分が産んだ子を手にかけることはできない」と問題をうやむやにするばかりだったのです。

 私が正気を取り戻したのは、「他者」がたまたま私の異常に気が付き、家から逃れられるよう説得し、手助けをしてくれたからでした。危険にさらされることもない「安全な場所」を手に入れて初めて、私は「これまでの自分がいかに正常な状態ではなかったか」を知ることができたのです。

 おそらく世の中には、人生に絶望しつつも、誰にも助けを求められない人がたくさんいるのだと思います。もしかすると、彼らは自分自身の精神が追い詰められ、正常な判断ができなくなっていることに気が付いていないかもしれません。

いざというときのために「命綱」を

 だとすれば、これから先、私たちにとってなくてはならないものは「つながり」です。誰かが危うい状態になったとき、いち早く異変に気づけるよう相互に見守り合う環境を作らなければ、今後も孤立してしまう人を減らすことはできないでしょう。ことさら、社会保障がじゅうぶんに機能しているとは言えない現代の日本においては、民間でも、ひとりひとりがセーフティネットの役割を担うことは必要不可欠だと言えます。

 例えば、問題を抱える当事者自身が集まって平等な立場で話を聞き合い、きめ細かなサポートをしあう「ピア・カウンセリング」を取り入れるのも有効な手段のひとつです。ピア・カウンセリングでは、自己決定権や自己選択権を育て合い、隔離されることなく、平等に社会参加していくことで、地域での自立生活を実現することを目的としています。

 誰しもがこうした「命綱」を持っておくことは、自分の身を守るためには欠かせない手段ではないでしょうか。これから先、日本が「人からこんなに優しくしてもらったことは、今までなかった」という言葉を再び聞くことがない社会であればと、切に願います。

 青葉容疑者はこれから、病状が回復して、勾留に耐えうる状態になれば逮捕されることになります。事件発生から、もう5ヵ月が経ちました。事実を明らかにしたうえで、然るべき刑によって罪を償ってほしいと思っています。

(吉川 ばんび)

あわせて読みたい

「京都アニメーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  8. 8

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    円安加速でも消費税廃止訴えるか

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。