記事

日産ナンバー3が電撃退任! 凋落する日本自動車産業に未来はあるか? 「一人勝ち」のトヨタにも身内からの不満が…… - 井上 久男

1/2

 クリスマスイブの夜、発足したばかりの日産自動車の新体制が崩壊した――。

 日産自動車の執行部門ナンバー3で副最高執行責任者(副COO)の関潤氏が近く退任し、2020年4月以降にモーター大手の日本電産社長に就任する見通しが明らかになったのだ。日産は西川廣人・前社長兼CEOが社内規定に反した報酬を得ていたことが発覚、9月16日に事実上の引責辞任に追い込まれた。それを受けて、社外取締役らで構成される指名委員会が10月8日、後任に内田誠専務を昇格させることを決めた。

 同時にナンバー2であるCOOにルノー出身のアシュワニ・グプタ氏、副COOに関氏が就くことも決め、トップ3の「トロイカ体制」での事業推進体制にした。2020年1月1日までに新体制に移行する方針を示していたが、1カ月前倒しして12月1日付で新体制が発足したばかりだった。


©iStock.com

関氏を“排除”したルノー・スナール会長

「トロイカ体制」では、内田氏が主に筆頭株主であるルノーとの交渉や協業、グプタ氏が生産や販売などの通常業務、関氏が経営再建計画と商品企画、次世代モビリティをそれぞれ担う体制になった。序列がナンバー3とはいえ、関氏の担務が日産の早期業績回復のためには最も重責で、氏が「影の社長」と見る向きもあった。

 日産関係者がこう説明する。

「実は社長には関氏が就く可能性が最も高かった。日産社内も販売店も、部品を供給する取引先もそれを望んでいた。なぜなら、この3人の中では、実績、経営者としての能力が断トツだからです。3人の中では関氏だけが生え抜きで、生産、販売、商品開発などグローバルに幅広い経験をしており、人望もあった。社内をまとめて一丸となって再生するためにも関氏が適任だった」

 ではなぜ、社長に最も適任と見られた人物が社長になれなかったのか。ズバリ言うが、指名委員会が判断ミスをしたからだ。

 前出・日産関係者が語る。

「6人で構成される指名委員会でも社長に関氏を推す声が強く、いったんは関氏で決まりかけたが、指名委員になっているルノーのスナール会長が『関はルノーと距離を置こうとした西川前社長に近いからだめだ』と言って強硬に反対し、流れが変わった」

 ある日産幹部もこう解説する。

「指名委員会委員長である筆頭社外取締役の豊田正和氏(元経済産業審議官)が関氏で押し切ればよかったのに、スナール氏の顔色をうかがい、すり寄った結果、新社長は内田氏に変わってしまった。

 しかし、内田氏には社内をまとめて今の難局を乗り切る手腕はないので、関氏をナンバー3に位置付け、仕事だけは最も重い役目を担わせた。所詮、豊田氏は元官僚で忖度上手。民間企業の経営の経験もなく、誰が社長に適任かという見識をもっていない」

 一見、柔和で紳士に見えるスナール氏は、実は、ゴーン氏に負けず劣らず策士で、凄腕の経営者だと言われる。関氏は、実は「西川派」ではないが、スナール氏はそう決めつけた。実際のところは、関氏の経営手腕を手ごわいと見て、ルノーの言いなりに動かないであろう関氏を排除したかったのだと筆者は見る。「内田氏は勉強熱心で紳士的ではあるが、決断力に欠け、上の指示に従順に動くタイプ」(前出・関係者)と言われる。スナール氏にとって、内田氏は「傀儡」にするにはうってつけだったのだ。

日本電産・永守会長の老獪さ

 こうした日産のトップ人事の動きを、裸一貫から日本電産を売上高1兆5000億円の企業に育てた永守重信・同社会長は見逃さなかった。同社の内情に詳しい関係者によると、永守氏は19年春頃から関氏を何回か誘っていたが、氏が断わっていたという。日産の人事が決まった直後に再度、関氏にアプローチし、社長ポストを約束して口説き落とした。

 日本電産は現在、電気自動車(EV)向けの車載モーター事業を成長戦略の柱の一つにしている。日産でグローバルに幅広い分野を経験した関氏の手腕がぜひとも欲しかったと見られる。58歳の関氏にしてみれば、これが大企業の社長をやれる、最後のチャンスと判断したのであろう。

 日産にしてみれば、貴重な人材を、老獪な他企業の経営者にさらわれた形だが、日産の指名委員会が関氏を選んでいればこうした事態にはならなかったであろう。日産はゴーン前会長が会社を私物化していたことへの反省から、外の目で経営をチェックしようと、19年6月の定時株主総会で社外取締役が過半数を占める指名委員会等設置会社に移行し、ガバナンス強化に動き出したばかりだ。

 しかし、今回のトップ人事での「失態」を見る限り、指名委員会は健全に機能していない。さらに言えば、ガバナンスをチェックする役目を果たしていないだけではなく、ガバナンスをかき乱しており、本末転倒だ。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。