記事

定価のチケット転売が50%増加。チケット不正転売を駆逐するイギリス音楽業界

1/2

イギリスのチケット販売サービス大手See Ticketsは、同社が運営する額面価格でチケット転売ができるサービス「Fan-to-Fan」で5万枚のチケットが2019年に取引されたことを発表した。Fan-to-Fanで2018年に取引されたチケットは2万5000枚、12カ月で2倍の速度で利用が増加した。

https://www.seetickets.com/

Fan-to-Fanは2017年に、イギリス国内で初めてファン同士がチケットを額面価格で売り買いできる、統合型チケット転売プラットフォームとして始まった。

ユーザーはSee Ticketsで購入したチケットを購入価格またはそれ以下の価格を設定して販売できる。購入価格以上に売値を設定して利益を得ることはできない。See Ticketsはチケットの販売手数料として販売価格の10%を加える。プラットフォームの利用にフィーは発生しない。

ユーザー間の送金手続きはSee Ticketsが管理する。

チケットが購入された場合、売り手にはライブイベント後5日間内に送金が行われる。イベント終了後に金額が支払う仕組みによって、購入者が偽のチケットを買ってしまい、返金できなくなるリスクを無くす。

倫理的なチケット転売の未来

See TicketsはFan-to-Fanを「倫理的チケット転売プラットフォーム」と定義している。

5万枚という数字を少ないと見るかもしれない。しかし、購入価格でチケットを売買したいという人がそれだけいるということは、フェアな価格での転売プラットフォームと、転売を管理するテクノロジーには、今後大きな可能性があると言えるはずだ。

See TicketsのCEOロブ・ウィルムシャースト(Rob Wilmshurst)はFan-to-Fanの実績についてこう語っている。

「私たちは倫理観を重視した完全統合型のチケット転売サイトをイギリスで初めて実現したチケットエージェンシーです。このようなサービスが求められているのは実績が証明しています。買い手と売り手は、お互いが信頼できる公平なチケット転売プラットフォームを望んでいます。私たちの転売サイトでは、チケット購入額と同額でしか転売しません。転売される全てのチケットの信頼性を保証します」

See Ticketsでは2018年だけで2000万枚以上のチケットが購入された。同社のクライアントで有名なのは、グラストンベリー・フェスティバルがある。

それ以外にもユニバーサルミュージック・グループ、独立系プロモーターのKilimanjaroやSJM Concerts、One Inch Badge、Communion Musicなどがいる。

違法転売撲滅と透明性向上を同時に進めるチケットサービス

また同社はイギリスに加えて、アメリカ、フランス、カナダなど、海外拠点を15都市に拡大している。

フランスではPitchfork Music Festivalやエッフェルタワーのチケット販売を手掛けている。

アメリカでは2017年に進出して以降、ロサンゼルスとナッシュビルに拠点を増やしており、See Ticketsのプラットフォームを採用した独立系ライブベニューの数は40を超え事業拡大を進めている。

See Ticketsは長年、悪質なチケット転売業社やフェイクチケットを高額で販売する詐欺問題を解決するための取り組みをアーティストやイベントオーガナイザーと共同で打ち出してきた。ライブビジネス業界では、倫理的なチケット転売を実現するという一貫した姿勢を示している企業として知られている。

2019年夏にSee Ticketsは、エド・シーランのツアーチケット違法転売や詐欺行為を防止するため、プロモーターのDHPとKilimanjaroと連係して、購入者のIDに紐づきパーソナライズできる電子チケット・システムを導入した。

違法チケット転売撲滅を目指すエド・シーラン

エド・シーランと彼のマネージャーのスチュワート・キャンプ(Stuart Camp)は、ライブチケットの高額転売を撲滅するための活動を多岐に渡り行ってきたアーティストの代表格だ。彼のチケットサービス会社やプロモーターも彼と協力してチケット販売をアップデートしている。

2019年夏のツアーではSee TicketsやTicketmaster UK、AXS、Giganticなど公式チケットサービスはいずれも本人認証式の電子チケット・システムを導入しチケットを販売し、紙チケットを完全に廃止した。

エド・シーランと彼のマネージャーが悪質なチケット転売を批難し始めた背景にあるのが、StubhubやViagogo、Seatwaveなど高額転売を容認し防止策を実施しない転売サービスの存在だ。

不正な取引や高額転売、ダフ屋行為を見逃し続けるだけでなく、購入者に安全な取引を謳った誇大広告や嘘の免責条項を使うなど、消費者に対する転売の仕組みの透明性確保にも問題があり、アーティストやプロモーターから批難の対象となっている。

こうした状況において近年、イギリスで活用が増えているのが額面価格(フェイスバリュー)のチケット転売プラットフォームだ。

[ブログで画像を見る]

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  6. 6

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。