記事

誰も問わない小泉純一郎の責任

かんぽ生命保険の不正販売問題から始まった日本郵政の大騒ぎは、郵政グループトップの総辞任でひとまず幕引きとなった。

しかし、そもそも、なぜあのような不正が起きたのか。

それは長門正貢日本郵政社長の辞任の弁が端的に物語っている。

厳しい現状の中で最善を尽くしたが力不足だったと。

あしもと(現場)の把握が足りなかったと。

民営化とは市場原理にさらされることだ。

職員は収益を上げるためにノルマを課せられる。

その結果としての不正だったことは既に報じられている通りだ。

しかも、郵便にしても、金融・保険にしても、民間との過当競争ははじめから分かっていた。

民間圧迫になるとさんざん言われた。

なぜ郵政民営化をしなければいけなかったのか。

それを強引に推し進めたのが小泉純一郎首相だった。

いまこそ小泉純一郎首相を引っ張り出して、郵政民営化は正しかったのか、その是非について議論をし直す時だ。

誰もがそう思うだろう。

しかし見事にメディアはそれを封印している。

あの時メディアも一緒になって小泉郵改革を持ち上げたからだ。

そう思っていたら、きのう12月27日の日経新聞に一段の小さな記事を見つけた。

小泉純一郎首相が26日のテレビ番組で日本郵政グループの引責辞任についてこう語ったという。

「徹底した民営化の会社だという方向で立て直してもらいたい」と。

「改革を中途半端にしてしまった。国家でないと出来ない事業ではない」と。

民営化の努力が足らないと言っているのだ。

もちろん私はその番組を見ていないが、その時、司会者や出演者はどう反応したのだろうか。

出演させるぐらいだから、おそらく小泉批判は封印されていたに違いない。

今になっても小泉首相は批判されないのだ。

安倍首相をここまで悪しざまに批判する野党や国民も、小泉純一郎首相は批判しない。

そこで思い出すのが平成の最後に行った読売新聞の世論調査だ。

平成の三十年を振り返って一番印象に残る人物に、なんと天皇陛下(いまの上皇)を抜いて、ダントツが小泉純一郎首相だった。

そのことを当時のメルマガで私は驚きをもって書いた。

小泉純一郎にはかなわないと。

元祖小泉批判の私が言うのだから間違いない。

小泉純一郎の人気が続く限り小泉進次郎の人気は終わらない。

小泉進次郎のスキャンダルを書いた週刊文春も、今度ばかりは売り上げを落としたに違いない(了)

あわせて読みたい

「かんぽ生命・日本郵便不適切販売」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。