記事

政治参加は選挙だけじゃない

昨夜の倉持麟太郎氏とのニコ生放送「立憲主義とは何か?」で、またひとつ思考が進化した感がある。
もう国家の運営を政治家に任せておけばいい時代ではなくなったということだ。
せいぜい投票という行為しか政治に参加する場面はないと思っていたが、まだまだ主権者意識が足らなかった。

政治家はもはや堕落の極致にいる。
安倍晋三は「禅譲」で国民の代表を決めて裏から操ろうと思っているし、枝野幸男は代表戦の規約も作らず、党議拘束をかけて全体主義体制を作っているし、そういう非民主的な党内の異常さに反乱を起こす「個」を持つ政治家もいないし、政治家というものは全然ダメだ。

国民は次の首相は石破茂がいいと思っていても、完全無視になるし、国民が天皇は女性でも女系でもよいと思っていてもガン無視されるし、根本的にこの国は民主主義が通用しない。

それは我々国民が政治家に頼っているからだ。
選挙の時しか政治参加はできないと思い込んでいるからだ。
「ゴー宣道場」はそこを打ち破らねばならない。
議論だけしてたって何も変わるわけじゃない。
やはり玄洋社を見習うしかない。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。