記事

知られざるパチンコライターの世界 ナミが語る「金銭事情」

1/2
パチンコライターのナミ(撮影/藤岡雅樹)

「人前に出るのは好きなタイプではなかった」と語るナミ(撮影/藤岡雅樹)

テレビのパチンコ番組にも出演するナミ

デジタル写真集『MEDAL NUDE パチンコライターナミ』より(撮影/扶桑光)

パチンコライターのナミ(撮影/藤岡雅樹)

2020年2月25日に発売予定のイメージDVD『ナミとのデート』より

 パチンコ・パチスロの新台解説や攻略法などを専門誌に執筆する「パチンコライター」という職業。いまやその活動範囲は誌面にとどまらず、地上波やCS放送の専門番組に出演したり、パチンコ店での実戦取材に呼ばれたりと、タレント並みに幅広い。そこで、最近、グラビア撮影にも初挑戦している「DMMぱちタウン」専属ライターのナミさんに、知られざるパチンコライターの世界を語ってもらった。

【写真】パチンコライター・ナミのセクシーショット

──ナミさんがパチンコを打ち始めたのはいつからですか?

ナミ:大学生時代の18歳からです。もともと母がパチンコ好きで、私もゲームセンターのコインゲームなどで遊び方は知っていたので、割とすんなりホールにも入ることができました。

 でも、ゲームセンターと違って、パチンコは大きなお金をかけないと当たらないこともあるので、最初はドキドキでしたね。コンビニのアルバイトで稼いだお金や、貯めていたお年玉などを握りしめて、1万円を投資するたびにヒリヒリした感覚がありました。

──ビギナーズラックはありましたか?

ナミ:ありましたよ。初めて打った時に、少ない投資額でたくさん勝ったんです。それからすっかり味をしめちゃった感じです(笑い)。大学の授業がない日は、朝から晩までパチンコ店にこもることもしょっちゅう。

 当時、付き合っていた彼は、まさか私がパチンコ店に通っているとは知らず、ある日、彼の実家にお土産を持って遊びに行ったら、その紙袋の中にパチンコ玉が転がっていて……。「これ、何?」と言われたこともありました。結局、その彼とは別れちゃいましたけどね。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。