記事

広河隆一氏の「性暴力」を認定 性行為要求、ヌード撮影……7人の女性による核心証言 -「週刊文春」編集部

1/2

「週刊文春」に掲載されたライター・田村栄治氏の記事により明るみに出たフォトジャーナリスト・広河隆一氏のセクハラ、パワハラ問題。12月27日、検証委員会の報告書が自身が発行人を務めていた「DAYS JAPAN」のウェブサイトで公開された。報告書は、広河氏による性被害やセクハラ、パワハラが多数あったことを認定。検証委員会に寄せられた証言に基づき、報告書にまとめられたセクハラ被害(2004-2017年)は以下の通り。

・性交の強要 3人
・性交には至らない性的身体的接触 2人
・裸の写真の撮影 4人
・言葉によるセクシャルハラスメント(性的関係に誘われる等)7人
・環境型セクシャルハラスメント(AVを社員が見える場所に置く)1人

【写真】広河氏“性暴力問題”の写真を全部見る

 また、報告書では広河氏のパワハラ行為についても分析している。

 広河氏の実像を報じた「週刊文春」2019年1月3日・10日号に掲載された記事を再編集の上、公開する。なお、記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のまま。

◆◆◆

「写真を教えてあげる」「アシスタントにしてもいい」。尊敬する先達から声をかけられ、報道の仕事を志す若い女性たちは歓喜した。だがその先には、性暴力ともいえる人権侵害が待ち受けていた。被害女性たちがフォトジャーナリスト・広河隆一氏の実像を証言する。(文・田村栄治)


フォトジャーナリスト広河隆一氏

◆◆◆

 コートやダウンをまとった人々が行き交う、東京・新宿の京王プラザホテル。

 杏子さん(当時20歳。以下、被害女性は全て仮名)が指定された部屋の前で呼び鈴を押すと、中にいた広河隆一氏(現在75歳)がドアを開けた。部屋に足を踏み入れた途端、杏子さんは広河氏にベッドへ連れて行かれた。恐怖で言葉を発せず、抵抗もできなかった――。

 現在都内の会社に勤務する杏子さんは、押し込めていた記憶に立ち向かうように、11年前の忌まわしい出来事について話す。

「ずっと自分にスキがあったからだと思おうとしてきました。でもいま振り返ると、あれは性被害でした。もっと早く声をあげていれば、別の女性が被害にあうのを防げたかもしれないと思うと、黙ってきたことに責任を感じています」

2004年に創刊した「DAYS JAPAN」

 杏子さんの証言は、世間の広河氏のイメージをひっくり返す衝撃的なものだ。詳しくみていく前に、まずは広河氏の人物像を紹介しておこう。

 早稲田大を卒業後、1967年にイスラエルのキブツに渡った広河氏はパレスチナ人の苦難を写真で記録し、フォトジャーナリストとして歩み始めた。帰国後も中東取材を重ねる一方、チェルノブイリ原発事故や薬害エイズ事件で被害者側に立った報告を続けた。

 2004年に月刊報道写真誌「DAYS JAPAN(デイズジャパン)」(以下DAYS)を創刊。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をモットーに、15年間発行を続けている(同誌は経営難と後継者不在を理由に、19年2月の休刊を先日発表した)。

 平和・協同ジャーナリスト基金賞(99年)、早稲田ジャーナリズム大賞(02年)、土門拳賞(03年)など受賞多数。パレスチナやチェルノブイリの子どもたちの救援活動を展開し、3・11以降は福島の子どもたちの保養事業に力を入れ、彼に感謝する声も多い。

 私生活では、イスラエル時代に知り合ったフランス国籍のユダヤ人と結婚して離婚。90年ごろ、大手出版社の編集者である現在の妻と再婚している。

以前からあったセクハラ・性加害のうわさ

 私と広河氏とのかかわりも、ここで明らかにしておきたい。

 90年代に朝日新聞記者だった私は、広河氏の仕事に敬服していた一人で、写真展の記事も書いた。米ジャーナリズム大学院を修了した03年、DAYS創刊の構想を知り、支援を申し出た。それから十数年間、毎月一回は編集部に行き、編集を手伝ってきた。

 その間、DAYS関係者などから広河氏によるセクハラ・性加害のうわさを何度か耳にした。しかし私は当事者間の問題だと考え、傍観を決め込んでいた。

 だが、17年からの米国の#MeToo運動に触れ、私のそうした態度が被害を拡大させた可能性を自覚。広河氏について取材を始めた。ただ、遅きに失した面も大きく、私も批判は免れない。

 反省も込めて、本記事が広河氏の素顔を知らせるとともに、「セクハラ・性被害は色恋沙汰ではなく人権問題」という認識が社会に広がる一助となることを願っている。

 広河氏と、都内の大学生だった杏子さんが知り合ったのは、07年11月ごろのことだった。

 フォトジャーナリスト志望だった杏子さんは、京王線・明大前駅にほど近いDAYS編集部でデータ整理などのアルバイトを始めた。編集長の広河氏がスタッフやボランティアを大声で罵倒する場面をたびたび目撃し、次第に「逆らってはいけない人」と考えるようになった。

「人権を大事にする偉大なジャーナリストという信頼がありました」

 知り合って1~2カ月が経ったころ、杏子さんが撮った写真を広河氏が見てくれた。「キミは写真が下手だから僕が教えてあげる」。そう言われ、指定された日時に京王プラザホテルに来るよう指示されたという。

 ホテルに着いて広河氏の携帯に電話すると、「部屋に上がってきて」と言われた。えっ? と杏子さんは思ったが、広河氏から以前、ホテルにカンヅメになって原稿を書くことがあると聞いていたので、このときもそうだろうと考えた。

「そもそも、人権を大事にする偉大なジャーナリストという信頼がありました」(杏子さん)

 だが、その信頼は完全に裏切られた。あっという間にベッドに移動させられ、抗えないままセックスが終わった。茫然としていると、「もうすぐモデルの子が来るから部屋をきれいにして」と広河氏に急かされた。まもなく部屋に若い女性が現れ、彼女をモデルに撮影するよう言われた。30分程撮影し、ストロボの使い方などを教わったという。この夜、杏子さんはどのように帰宅したのか記憶がない。

 この一件のあとも、杏子さんはDAYS編集部でアルバイトを続けた。その理由をこう説明する。

「私のような素人の学生がフォトジャーナリズムを学べるのはDAYSだけだと思っていました。これであきらめちゃいけないと自分に言い聞かせていた。同時に、もう絶対に同じことはしないと決意していました」

 だが、杏子さんにとって平穏な日は長くは続かなかった。

 08年を迎えた頃、編集部から徒歩数分のマンションにあった広河氏の事務所に呼ばれた。中に入り、スタッフの男性と世間話をしていると、事務所にいた広河氏に突然、「お前たち、ここは談笑の場じゃない! 出て行け!」と怒鳴られたという。

「ここで見放されたら、ジャーナリストの道は開けないかもしれない。そう思うと頭が真っ白になりました」(杏子さん)

 泣きながら明大前駅に続く商店街を歩いていると、携帯電話が鳴った。広河氏だった。「いまから移動するから一緒に来なさい」。命じられるままに広河氏とタクシーに乗ると、新宿・歌舞伎町のホテルに連れて行かれた。「こういうときに許してほしいなら、こうしてわかりあうのが一番だから」。セックスの前か後、杏子さんはそう言われた。広河氏はコンドームで避妊していたという。

「一心同体にならないと」

「私が悪かったんだ。だから仕方なかったんだ」

 性行為は二度とさせないと誓っていた杏子さんは、自らに繰り返し言い聞かせた。

 08年2月のある夜、杏子さんは編集部で広河氏と2人きりになった。杏子さんが椅子から立つと、広河氏に背後から抱きつかれ、こう囁かれたという。

「入れたい」

 そして、編集部の奥にある狭いトイレに連れ込まれそうになったと、杏子さんは話す。

「すごく気持ち悪かったので『入れたい』という言葉ははっきり覚えています。編集部でこんなことまでしてくるなんて、もう限界でした。この日を最後にDAYSに行くのはやめました」

 ジャーナリストを目指していた麻子さんが、「雑誌の発行もしている有名フォトジャーナリストのもとで学びたい」とDAYS編集部に出入りするようになったのは、都内の大学に入学した07年のこと。まだ18歳だった。

 写真展などのボランティアとして、編集部に足繁く通った。やがて、スタッフやボランティアに「仕事が遅い」「作業が雑だ」などと怒鳴り散らす広河氏の姿を繰り返し目にするようになったと、麻子さんは話す。

「どこでスイッチが入るかわからないから、とにかく機嫌を損ねないように気を使っていました」

 3年生のとき、麻子さんは一時的に学業に専念することを考えた。広河氏に相談すると「そんな中途半端じゃダメだ」とたしなめられたという。この先、広河氏の指導が受けられなくなると不安になった麻子さんは、引き続きDAYSに通うと泣きながら広河氏に伝えた。広河氏のことは横暴だと感じていたが、尊敬もしていた。

 このやりとりから間もないある晩、編集部で広河氏と2人きりになったとき、麻子さんは次のように言われたという。

「キミは本気でジャーナリストになりたいんだね。僕のアシスタントに興味があるならならせてもいい。でも、アシスタントになるなら一心同体にならないといけないから、体の関係をもたないといけない」

 広河氏に見放されることと怒られることを、何より恐れていた麻子さんにNOという選択肢はなかった。まごついていると、「反応を確かめるように」(麻子さん)広河氏にキスをされたという。

「『これはしなきゃならないものだ』と自分に言い聞かせ……」

 麻子さんによると、その夜、2人は新宿駅西口で落ち合ってタクシーに乗った。広河氏は「靖国通りに」「ここで曲がって」などと運転手に指示し、歌舞伎町のホテル街へと車を向かわせた。入口に噴水があるホテルに入り、麻子さんは広河氏とセックスをした。終えると、電車で帰宅したという。

「本当にしなくちゃいけなかったのか、帰りの電車の中で悩みました。セックスの最中は『これはしなきゃならないものだ』と自分に言い聞かせ“作業”としてこなしていましたが、一人になると、いろんな感情が込み上げてきました」

 目に涙を浮かべながら、麻子さんはそう振り返る。

 最初に広河氏とホテルに行った09年6月ごろから2カ月ほどの間に、麻子さんは広河氏の求めで3、4回、ホテルでセックスしたという。その間、麻子さんは広河氏からデジタル一眼レフのカメラをもらい、自分が撮った写真を広河氏にみてもらう機会もあったと話す。

「ヘタだ、ダメだと、けちょんけちょんに言われていましたが、弟子として広河さんに認められていると思っていました。ホテルへの誘いを断ったら弟子失格の烙印を押され、アドバイスをもらえなくなるんじゃないかと不安でした」

 広河氏に関係を迫られるようになってから、麻子さんの心身は変調をきたす。外出がおっくうになり、電話に出られない。夜も眠れなくなった。疲れているせいだろうと思ったが、心療内科に行くと「中くらいのうつ」と言われ、睡眠導入剤と精神安定剤を処方された。翌年、大学を休学し、DAYSからも離れた。

 こうして一度は逃れたはずの広河氏との関係だったが、東日本大震災があった11年、再び誘いの手が伸びる。麻子さんに、「アシスタントとして海外に一緒に行かないか」と広河氏から久しぶりに連絡があったのだ。

 広河氏に同行を呼びかけられたときの心境を、麻子さんはこう説明する。

「DAYSで知り合った人たちは被災地で取材するなど活躍していました。一方、私はといえば写真から離れ、引け目を感じていた。フォトジャーナリストへの道を歩み直す最後のチャンスかもしれないと思って、悩んだ末に『行きます』と答えました」

 麻子さんによると、渡航先に着いた日かその翌日、麻子さんは風邪をひき高熱を出した。ホテルの部屋で寝ていると、広河氏に「看病してやるから」と部屋に呼ばれたという。

あわせて読みたい

「広河隆一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「スタバでMac」批判記事に呆れ

    かさこ

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    金美齢氏 老後の人生は自己責任

    みんなの介護

  4. 4

    東芝子会社 約200億円の架空取引

    AbemaTIMES

  5. 5

    インフル流行防ぐ予防接種の役割

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  7. 7

    センター試験監督「憂鬱の極み」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  9. 9

    石破氏 河井前法相の発言に疑問

    石破茂

  10. 10

    滝クリ母 娘の出産は大変だった

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。