記事

秋元議員収賄容疑で逮捕 カジノ利権の闇

東京地検特捜部は、一昨日25日、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から、現金300万円や約70万円相当の利益供与を受けたとして、収賄容疑で衆院議員秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕しました。

秋元容疑者は、2017年8月から2018年10月まで内閣府副大臣でIRを担当していて、観光施策を所管する国土交通副大臣も兼務していました。

秋元容疑者は、25日、自民党を離党しました。
中国企業を巡る外為法違反事件は、政界の汚職事件へと発展した、と報じられています。

秋元容疑者は、中国企業側から賄賂とされる現金300万円を衆院議員会館の事務所で受け取った、ということです。

また、2018年2月中旬頃、北海道留寿都村への旅行の招待を受け、旅費など約70万円相当の利益供与を受けた疑いが持たれています。

500社は、オンラインカジノなどの事業を手掛け、2017年7月に都内に日本法人を設立し、留寿都村が誘致していたIR事業への参入に意欲を見せていました。

野党は、年内の閉会中審査を要求していますが、与党は応じていません。

また、野党は、1月20日招集予定の通常国会でカジノ禁止法案を提出し、IRを成長戦略の柱として進めてきた安倍政権の責任を追及する方針です。

現職国会議員の逮捕は、約10年ぶりのことです。
秋元容疑者は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業の法案を強行採決した時の内閣委員会の委員長でもありました。

秋元容疑者は、潔白を主張している、ということですが、徹底的な解明が求められます。IR開設にあたっては、自治体が事業者1社を選び、一緒に政府に申請する決まりで、売り込み競争が繰り広げられています。

担当副大臣が賄賂を受け取り、職務権限を行使したとすれば、大問題です。
そもそもカジノは、ギャンブル依存症や、不正な資金洗浄(マネーロンダリング)、治安の悪化などの懸念がありました。それを解決しないまま強行に進めようとしている政権の姿勢は、問題です。

野党が禁止法案を提出することもあり、カジノ利権が指摘される中、立ち止まって、考え直す機会にしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「秋元司」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。