記事

大物逮捕も…カジノ汚職捜査は主犯が司法取引か!?

1/3
共同通信社

年の瀬になって現職国会議員による汚職事件が日本中を駆け巡った。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)への日本参入を目指していた中国企業「500ドットコム」を巡って、外為法違反事件で東京地検特捜部は自民党二階派の秋元司衆院議員(48)=東京15区=を逮捕した。「500」に便宜を図る見返りに現金300万円を受け取った収賄容疑だが、政界では「秋元逮捕は単なる入口に過ぎない」なんて声も出ている。

秋元司議員に反省の色なし

秋元容疑者はIR担当の副大臣だった2017年9月下旬、元政策秘書らを通じ、「500」から現金を受け取ったという。金額はたかだか300万円。衆院選を前に「陣中見舞い」でもらった程度だと考えていたのだろう。秋元容疑者は「中国企業側から金銭はもらっていない。便宜を図った記憶もない」と、いまだに〝反省〟もすることもなくうそぶき続けているようだが、所属派閥の二階派にとっては大打撃だ。

ちなみに、現職の国会議員が逮捕されたのは政治資金規正法違反で有罪判決を受けた石川知裕・元衆院議員(46)以来10年ぶりのこと。

問題の「500」は、中国・広東省深圳市に本社を置き、オンラインカジノなどの事業を手掛けている。日本法人の支社は17年7月に都内に設立されていた。

今回の事件は、秋元容疑者と共に逮捕された「500」の日本法人支社の顧問と名乗る紺野昌彦(48)、仲里勝憲(47)の両容疑者らが、無届けで現金数百万円を国内に持ち込んだ「外為法違反疑惑」が発覚、特捜部は12月19日に関係先として、衆院議員会館内の秋元容疑者の事務所などを家宅捜索していた。

共同通信社

事件の舞台となったのは、IR事業の参入に名乗りを上げていた北海道留寿都村(るすつ村)。今回の特捜部の捜査もあって、北海道と留寿都村はIR事業から撤退したが、IRについては他に大阪や横浜、さらには和歌山、東京、長崎、名古屋などが検討、立候補している。

「秋元容疑者は留寿都村での事業展開を計画していた札幌市の観光会社に対し、出資の意向を示していた『500』の便宜を図ったとされています。彼は、二階派でIR事業の推進派としても知られ、17年8月には、安倍政権の成長戦略の一環として沖縄県那覇市で開いたシンポジウムにも出席。IR進出について講演会まで行っていました。このため特捜部では元政策秘書や秋元容疑者から任意で事情聴取し、持ち込まれた現金への関与を調べていたのです」。

あわせて読みたい

「IR汚職事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。